これで失敗しない!ブラインドとカーテンの併用ガイド

2023/11/28 2023/11/28
これで失敗しない!ブラインドとカーテンの併用ガイド
【送料無料】【立川機工】アルミブラインド SNSで人気のお洒落なアルミブラインドならコレ!70色のカラバリとつや消しカラーで理想のインテリアに <タピオ>

窓辺のコーディネートを考えるとき、カーテンブラインドのどちらかを選ぶのが一般的です。
しかし、窓の種類や大きさ、部屋の雰囲気などによって、どちらか一方だけでは最適な機能を果たさないこともあります。

そんなときはブラインドとカーテン両方を併用するのがおすすめです。
とは言え、この2つを併用するのは少々特殊なので、コーディネートなど上手くいくのか、機能性はどうなるのかなど心配になるでしょう。

しかし、今回この記事を読めば、カーテンとブラインドの併用の疑問が解消し、必ず上手く取り入れることが出来ます。
というのも今回お伝えする内容は、カーテンとブラインドを扱う当店だからこそお伝え出来る、カーテン業界の生の知見を活かした内容です!

この記事を読めば、きっと自信をもってブラインドをカーテンを併用できるようになっているでしょう!

ブラインドとカーテンを併用するのは変?

ブラインドとカーテンを併用するのは変?

そもそも、カーテンの定番の組み合わせといえば、ドレープカーテン(厚手のカーテン)とレースカーテンの2枚重ねです。

ドレープカーテンは遮光性や断熱性に優れ、レースカーテンは光を取り入れながらプライバシーを守ることができます。
また、ブラインドだけの組み合わせも人気です。ブラインドは光の調節やプライバシーの確保に便利です。

そんな中、ブラインドとカーテンの組み合わせは、少しレアなスタイルです。

とは言え、ブラインドとカーテンの併用は決して変ではなく、むしろ双方の特徴を良いとこどり出来、とても合理的です!

併用することでどのような効果が期待できるのかご紹介していきます。

ブラインドとカーテンを併用するメリット

ブラインドとカーテンを併用するメリット

ブラインドとカーテンを併用するメリットは、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

や風の調節をより細かく行うことができる
カーテンは、光を遮る量を調節しやすいというメリットがあります。
一方、ブラインドは、光の角度や量を調節しやすいというメリットがあ
ります。

そのため、カーテンとブラインドを併用することで、光や風の調節をより細かく行うことができます。

遮音性や断熱性を高めることができる
ブラインドは、遮音性や断熱性が低いですが、カーテンは遮音性や断熱性があるというメリットがあります。
そのため、カーテンとブラインドを併用することで、遮音性や断熱性を高めることができます。

ザインの幅が広がり、おしゃれな窓辺を演出することができる
カーテンは、デザインが豊富というメリットがあります。
一方、ブラインドも、最近ではデザイン性の高いものが増えてきています。そのため、カーテンとブラインドを併用することで、デザインの幅が広がり、おしゃれな窓辺を演出することができます。

このように、ブラインドとカーテンを併用することで、さまざまなメリットを得ることができます。

窓辺のコーディネートをよりおしゃれにしたい、光や風の調節をより細かくしたい、遮音性や断熱性を高めたい、といった場合には、ブラインドとカーテンの併用を検討してみてはいかがでしょうか。

ブラインドとカーテンを併用するデメリット

ブラインドとカーテンを併用するデメリット

ブラインドとカーテンを併用するデメリットは、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

費用がかかる
カーテンとブラインドを併用する場合は、カーテンとブラインドの両方を用意する必要があります。
そのため費用がかかる可能性があります。

費用については、カーテンとブラインドの素材やデザインによって、費用が大きく異なります。
事前に予算を組んでおけば、最適な組み合わせを選ぶことができます。

手入れが大変になる
カーテンとブラインドを併用する場合は、カーテンとブラインドの両方を掃除する必要があります。
そのため、手入れが大変になる可能性があります。

手入れについては、カーテンとブラインドの素材や構造によって、手入れ方法が異なります。
購入時にケア方法を確認しておくと、後々困らずに手入れできます。

見た目が重くなる
カーテンとブラインドを併用する場合は、カーテンとブラインドが重なり合うため、見た目が重くなる可能性があります。

見た目については、カーテンとブラインドの色やデザインを、部屋の雰囲気や壁紙に合わせて選ぶと重たいイメージはなくなります。

ブラインドとカーテンの併用は、さまざまなメリットを得ることができる一方で、デメリットも存在します。
メリットとデメリットをよく比較検討して、最適な組み合わせを選ぶようにしましょう。

併用するブラインドとカーテンの選び方

併用するブラインドとカーテンの選び方2
【送料無料】アルミブラインド つっぱり式で簡単!カーテンレール国内シェアNo.1のTOSOのブラインド<ベネアル25 浴室テンション 木目調>

併用するカーテンとブラインドを選ぶ際には、以下の点に注意するとよいでしょう。

目的別に組み合わせる

併用するブラインドとカーテンの選び方
【送料無料】【立川機工】 アルミブラインド 豊富なカラーバリエーションのコスパ最強のアルミブラインド <ミリオン ホワイト>

キッチンや洗面所など、水回りの窓には、カーテンとブラインドを併用することで、風通しを良くし、湿気を溜め込まないようにすることができます。

道路沿いの窓には、カーテンとブラインドを併用することで騒音を軽減し、快適な睡眠や勉強に集中できる環境を整えることができます。

このように、ライフスタイルに合わせてブラインドとカーテンを併用することができます。

素材や色で組み合わせる

リビングやダイニングなど、大きな窓がある部屋では、カーテンとブラインドを併用することで、部屋全体の雰囲気を統一することができます。
それに、同じ色のカーテンとブラインドを組み合わせることで、すっきりとした窓辺を演出することができます。

このように、カーテンとブラインドの組み合わせには、さまざまな方法があります。自分の目的や好みに合わせて、最適な組み合わせを見つけるとよいでしょう。

ブラインドとカーテンを併用する際の取り付け方

ブラインドとカーテンを併用する際の取り付け方

ブラインドとカーテンを併用する場合、一般的にはブラインドを内側に取り付ける方法がおすすめです
内側に取り付けることで、ブラインドが窓枠を覆うため、遮光性や断熱性が高まります。

ブラインドとカーテンを併用する場合、レースカーテンとドレープカーテンの2種類があります。
それぞれのカーテンは、ブラインドと併用すると以下の効果があります。

①ブラインドとレースカーテンを併用する場合
・光の調節の幅が広がる
・窓辺を華やかに演出できる

レースカーテンは、光を取り入れながらプライバシーを守ることができます。ブラインドは、光の量や角度を調節したり、外からの視線を遮ったりすることができます。
これらの特徴を組み合わせることで、光の調節の幅が広がり、プライバシーがより確保しやすくなります。
また、レースカーテンの柔らかな雰囲気とブラインドのシャープな雰囲気が相まって、窓辺を華やかに演出することができます。

②ブラインドとドレープカーテンを併用する場合
・遮光性や断熱性が高まる
・光の調節の幅が広がる

ドレープカーテンは、遮光性や断熱性に優れています。
ブラインドは、光の量や角度を調節したり、外からの視線を遮ったりすることができます。

これらの特徴を組み合わせることで、遮光性や断熱性が高まり、プライバシーがより確保しやすくなります。
また、ブラインドとドレープカーテンの開閉を調整することで、光の調節の幅を広げることができます。

お部屋の用途や好みに合わせて、ブラインドと組み合わせるカーテンを検討してみてください。

ブラインドとカーテンを併用する際の注意点

ブラインドとカーテンを併用する際の注意点
ウッドブラインド 光と影が織りなす、あたたかな空間美を作り出すブラインド <木漏れ日 35mmタイプ>

ブラインドとカーテンを併用する際は、以下の内容に注意する必要があります。

カーテンレールやブラインドレールの耐荷重を確認する

ブラインドとカーテンを併用すると、重量が増加します。
そのため、カーテンレールやブラインドレールの耐荷重を確認して、安全に使用できるかどうかを確認しましょう。

ルーバーやスラットの幅を考慮する

ブラインドの羽の部分であるルーバーやスラットの幅は、カーテンの厚みに合わせて選ぶようにしましょう。
ルーバーやスラットの幅が狭すぎると、カーテンがブラインドの隙間から透けてしまう可能性があります。

ブラインドのルーバーやスラットの幅は、カーテンの厚みに合わせて、1㎝程度余裕を持って選ぶとよいでしょう。

ブラインドとカーテン併用まとめ

ブラインドとカーテン併用まとめ

ブラインドとカーテンを併用する方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ブラインドとカーテンを窓の内側に取り付ける方法は、どちらも可能です。
しかし、必要なパーツや考慮すべき点が異なるため、注意が必要です。

一般的には、ブラインドを窓の内側に取り付ける方法がすっきりとした印象でおすすめです。
ブラインドとカーテンを併用する際には、注意事項をよく確認して、安全に設置するようにしましょう。

弊社「パーフェクトスペース」では、ブラインドをもっと気軽に楽しんでほしい、話題のブラインドでスタイリッシュなお部屋作りをしてほしいという想いから、選りすぐりの商品をそろえています。

また、各メーカーの品質保証も充実しており、TOSO、ニチベイは3年間の品質保証、立川機工は1年の品質保証付きなので万が一の際にも安心です。

お電話でのお問い合わせにも随時ご対応していますので、取付や操作のことなどでお困りのことがありましたらお気軽にご連絡ください↓

カーテンのプロに相談
無料でカーテンのプロにご相談したい方はこちら

窓装飾プランナーやインテリアコーディネーターの資格を持ったカーテンのプロが何でも親切にお答えいたします!

トップページへのバナー
品揃え5000種類以上!日本唯一のテイスト別カーテンショップで期待以上の素敵なお部屋が実現!
この記事をSNSでシェア!
関連記事