防炎レースカーテン

防炎レースカーテン 防炎レースカーテン

防炎レースカーテン

あって欲しくはない万が一の火事。そんな「もしも」に備える、防炎機能付きレースカーテン。
燃え広がりにくい特殊な加工を施しているので、燃え広がりにくく逃げる時間を稼いでくれます。
自然災害の多い日本だからこそ、備えあれば憂いなし。あなたの大切な人を守る、機能レースカーテンです。

Pick upおすすめの防炎レースカーテン

「防炎」×「遮像」

昼も夜も透けにくいプライバシーレースカーテン

昼間も夜も透けにくく、プライバシーをしっかり守ってくれて安心の遮像機能付ついた防炎レースカーテンをご紹介!

「防炎」×「ボイルレース」

ボイルレースで叶うやわらかな陽だまりを感じる窓辺に

防炎機能付きのおしゃれなレースカーテンをお探しの方におすすめのボイルレースカーテン。軽やかな透け感と、そこから差し込む優しい陽ざしでおしゃれなお部屋を演出してくれます。

防炎レース商品一覧

防炎機能あり・なしカーテンで燃え広がり方を比較

防炎機能あり・なし比較

防炎カーテンとは、消防法に基づく防炎性能試験をクリアした、燃えにくいカーテンです。
全く燃えないわけではありませんが、通常のカーテンと比べて燃え広がりにくく、もしもの時に避難する猶予を与えてくれます。

同じ生地のレースカーテンで実際に比較しました!

センティで防炎機能を比較

【比較した商品】 レースカーテン センティ 防炎タイプ(r0045)/非防炎タイプ(r0040)

同じ生地の防炎タイプと非防炎タイプを用意し、検証しました。
非防炎の生地は、周りの生地を巻き込んで火が燃え広がり、火種に火が付いたまま落下しました。この火種がほかのモノに燃え移り、火災を大きくする原因となってしまいます。
それに比べ防炎の生地は同様に火を当てても持続せず、すぐに消えてしまいました。火種になっても段々と弱くなり、火は消えていきました。
同じ生地のものでも、防炎機能あり・なしでこのような差がでました。

防炎カーテンの見分け方 防炎ラベルとは?

防炎ラベル説明

防炎ラベルとは日本防炎協会が発行しているもので、防炎性能基準試験をクリアした製品につけられます。
防炎かどうか見分けるためには、このラベルがついているかご確認ください。

防炎ラベルが必須の建物は?

  • ■高層マンションや高層ビル

    高層マンション

    高層マンションなどの高層建築物は、居住している階に関係なく防炎カーテンを使用しなければいけません。(高層とは建物の高さが31メートルを超える高い建物のことをいいます。)なので、高層マンションの1階にお住まいの方であっても必ず防炎カーテンを選びましょう。

  • ■公共施設や会社

    公共施設

    学校や病院、福祉施設などの公共施設は防炎カーテンの設置が義務付けられています。
    また会社や事務所、オフィスなども多数の方が出入りするため、防炎カーテンが必須となっています。

  • ■映画館や飲食店など、人の出入りが多いところ

    飲食店

    映画館や飲食店、専門店、ショッピングセンター、ホテルなど多くの方が出入りする場所なので防炎カーテンの設置が義務付けられています。

防炎カーテンは洗濯できるの?

洗濯可のものは防炎レースカーテンでも他のレースカーテンと同じく洗濯していただけます。
しかし洗濯をしたことによって効果が薄まり、再防炎処理が必要になるものもあるため、洗濯の際は防炎ラベルを確認を必ず行ってから洗濯するようにお願いいたします。
弊社で販売しているレースカーテンは、洗濯及びドライクリーニングをした後でも防炎機能はなくなりませんのでご安心ください。

防炎ラベル説明

防炎レースカーテン よくある質問

防炎レースとは?

防炎レースカーテンとは、万が一に備えて燃え広がりにくい仕様のカーテンです。
「防炎」は「不燃」とは異なり、あくまでも「燃えにくい」という意味になります。
高層マンションや公共施設等では設置が義務付けられている、いざというときに""避難する時間を与えてくれる""身を守ることが出来るカーテンです。

どのような場所で設置が義務付けされていますか?

高層マンションや公共施設、店舗等、人の出入りの多い場所での利用が義務付けられています。

防炎マークはついていますか?

はい。当店の防炎商品にはすべて防炎ラベルを縫製しております。

おしゃれな防炎レースカーテンはありますか?

人気のカラー、様々なデザインの防炎レースカーテンを数多く揃えております。
どんなお部屋・家具にも合うこと間違いなし!お得な価格での注文も可能です。
現在登録されている商品はありません。
トップへ戻る