窓の断熱・遮熱シートって実際効果あるの? 窓の防寒・断熱、UVカット対策法

2023/9/26 2023/9/26

窓ガラスフィルム

夏のうだるような暑さ、冬の刺すような寒さ。
年々、快適に過ごすのも難しくなっているように感じますよね。

そんな時期が来るたび断熱・遮熱対策に
窓ガラスシートを検討されている方も少なくないはず。

簡単に対策ができることから、
賃貸の方からも人気が高まってきています。
あらゆるお店で売り切れが続出することもあり、
幅広い層から支持されていることが分かります。

しかし中には「窓ガラスシートは効果がない」という声も。
実際どの意見を信じたらいいのか、
取り入れても良いのか悩んでしまいますよね。

今回は「窓ガラスシートによる効果」を、
実際に使ってみた感想含めて、ご紹介していきます。
さらに窓ガラスシートには断熱・遮熱以外のうれしい効果も!
ぜひ参考にしてください!

窓ガラスシートの断熱効果って実際あり?なし?

窓ガラスフィルムの窓辺

暑さ・寒さは「窓」から侵入する

そもそも、なぜ窓ガラスシートが
断熱・遮熱に効果があるとされているのでしょうか。
それは、部屋の熱の出入りで最も多いのが「窓」だからです。

夏場、室内に入ってくる熱の73%が窓から侵入。
冬場、室内から暖房の熱の58%が、
窓を経て逃げてしまうと言われています。

窓の断熱対策をしていないと、
暖まった空気は窓辺で冷やされてしまいます。
暖房でなかなか部屋が暖まらないのは、そのせいかもしれません。

また、窓で冷やされた空気は下に溜まり、足の底冷えにもつながります。

冷える脚

【室温を一定に保つポイント】
・外からの熱気、冷気の侵入を防ぐ
・部屋の空気が外に逃げないようにする

「窓ガラスシート」はこうした効果があり、
室内環境を快適に保つことに繋がるのです。

また、電気代が上がっている昨今、
冷暖房効率アップという面でも窓ガラスシートの注目度は上がっています。

熱が出入りする窓を覆っている分
効果はありそうですが、実際の使用感はどうなのでしょうか。

窓シートの断熱効果を、撮影担当スタッフがレポート

検証

当店(パーフェクトスペース カーテン館)は、
基本的に社内スタッフが商品を撮影をし掲載しています。

「断熱シートの実際の使用感を知りたい」
そんな期待にお応えすべく、今回は実際に撮影を担当したスタッフである私がレポート!
窓ガラスシートの断熱効果について、正直な感想を書き綴っていきます。

温度感・直射日光・部屋の明るさ

窓ガラスシートを貼ってからの窓辺の変化についてですが…

・直射日光が抑えられた!
・色によって体感効果は異なる

というのが正直な感想です。

【直射日光】
真夏の直射日光が差し込んでも、シートを貼った部分には影が!
じりじりと暑くなるような、急激な温度上昇は抑えられていました。

直射日光を抑えられていたので、
体感としても、窓ガラスシートによる断熱・遮熱効果はしっかり感じることができました。

対して、写真を見ると一目瞭然。
貼っていない部分は陽が入ってしまっています。

窓ガラスフィルムの差

【シートの色味による違い】
撮影では10商品以上使用しましたが、
“黒っぽい”ものと、”透明”に近いものでは、やはり体感温度の違いは出るようです。

【部屋の明るさ】
黒っぽいスモークタイプと、
物理的に日差しを反射してくれるミラータイプ。

この2種では「若干部屋が暗くなる」というデメリットがあります。
ただし、そのぶん断熱・遮熱効果をしっかり感じることができました。

スモークタイプのフィルム
今回使用した窓フィルムはこちら

ということで取り入れる際は
「機能」と「カラー」を上手に使い分けて選ぶのをおすすめします!

・若干暗くなってでも高い快適さを求める
・窓の温度上昇は抑えつつも景色を確保したい
など、何を優先するのかによって検討すると良いでしょう。

窓ガラス用断熱シートを貼るメリット

窓ガラスフィルムのイメージ

ここからは、窓ガラスシートを貼るメリットをご紹介します!

①手軽に断熱・遮熱対策ができる

しっかり断熱・遮熱をするとなると、
リフォームで二重窓にしたりと大がかりになってしまうことも。
費用面でも、相当な覚悟が必要です。

窓ガラスシートなら貼りつけるだけ!
手軽に断熱・遮熱ができるので、取り入れるハードルはぐっと下がります。

カットして小窓に貼るなど、
あらゆる場所に使えるのもポイント!
カーテンレールのないトイレなどの、断熱・遮熱対策にもおすすめです。

②UVカットで紫外線対策ができる

多くの窓ガラスシートは、
断熱・遮光機能にくわえ、UVカット機能がついています!
紫外線の侵入を防いでくれるのは、かなり嬉しいポイントです。

カーテンを開けていても、
日焼け防止効果を得られるので
「日中は陽射しの明るさで過ごしたい」といった方にもおすすめです。

紫外線による日焼けは、しみや肌ダメージの原因となり美容の天敵!
シミが増えると一気に老け見えするうえ
一度できてしまうと、消すのは難しいものですよね。

「こんな所にシミあったっけ…!」
「時間を巻き戻して対策したい…」
そんな後悔がないよう、UVカット機能付きの窓ガラスシートを強くおすすめします。

窓ガラスフィルムのイメージ

また、家具も紫外線によって色落ちや、
傷みが発生してしまうことが!
お気に入りの家具を、末永く使うためにも必要な機能です。

UVカット率99%以上の商品もあり、
紫外線対策するなら窓ガラスシートが便利です!

③目隠しでプライバシー対策にもおすすめ

窓ガラスフィルムで目隠し

すりガラスタイプ、ミラータイプは、
外からの視線を遮る「目隠し対策」におすすめです!

光を取り込みつつ視線を遮れるので、
昼間厚いカーテンを閉めっぱなしにして、プライバシー対策する必要もなくなります。

ミラータイプの場合は反射によって
効果を発揮するため、目隠しできるのは基本的に昼間のみ。
必要に応じて購入前にご確認ください!

おすすめ窓用断熱シートを効果別に紹介!

おすすめする女性

①しっかり断熱・遮熱したいのであれば〈スモーク遮熱フィルム〉

貼るだけで太陽熱を約69%カット!
スモークタイプの窓ガラスシートです。

景色までカットしてしまう窓ガラスシートが多い中、スモークタイプなら日焼けを気にせずに景色を楽しめます。

機能:UVカット率99%・昼間の目隠し効果・飛散防止

当店でもトップ3に入る高機能性!
暗いカラーによって部屋が若干
暗くなってしまうのは、断熱・遮熱効果の表れです。

窓ガラスフィルムのイメージ
窓フィルム 外から見えづらくなる <スモーク遮熱フィルム>はこちらから

②目立たずに断熱・遮熱したい!<Low-E複層ガラス対応窓ガラスフィルム>

透明で擦りガラスのような
さり気ないデザインの窓ガラスシート。
写真にある水が流れるようなレイン柄と、透明なチェック柄の2種展開です。

陽の明るさはそのままに、高い機能性を発揮してくれます!

機能:Low-E複層ガラス対応・UVカット率99%・目隠し・飛散防止・耐水

水回りにも貼れる耐水機能付きで、
お風呂場の目隠しとしても重宝する窓ガラスシートです。

窓ガラスフィルムのイメージ
窓フィルム 強い日差しを遮るおしゃれな窓に <Low-E複層ガラス対応窓ガラスフィルム>はこちらから

③目隠ししつつも、風景を確保したいなら<プライバシー保護遮熱フィルム>

メッシュ状になっているので、
室内からは景色が楽しめる、プライバシー確保におすすめの窓ガラスシート。

ガラスに貼る面がシルバーで、
昼間は鏡のように外からの視線を反射し、室内が見えにくくしてくれます。

機能:UVカット率99%・日差しカット率75%・目隠し・飛散防止

全面に貼っても圧迫感が出ない、
素敵な景色が楽しめる窓ガラスシートです。

窓ガラスフィルムのイメージ
窓フィルム 景色とプライバシーの両方を確保する <プライバシー保護遮熱フィルム>はこちらから

④ピンポイントで目隠しをしたい!<目隠しマドデコシート>

窓に貼るだけで雰囲気が
がらりと変わる窓飾りレースシート。

おしゃれなデザインながら、
ワンポイントの目隠しとして防犯にも役立つ1枚です。
全3柄×2色 でお好きなデザインが見つかります。

機能:目隠し

断熱・遮熱効果等はありません。
トイレなどピンポイントで
プライバシーを確保したい小窓におすすめのシートです。

窓ガラスフィルムのイメージ
窓フィルム おしゃれな柄で窓をデコレーション <目隠しマドデコシート>

⑤欲張って結露対策も!<結露抑制窓フィルム>

梅雨の湿気、暖房による外との温度差で
発生する結露を、抑えてくれる窓ガラスシート。

表面の特殊コーティングと吸水速乾テープが
窓の水滴を集め、窓に触れるカーテンなどが濡れるのを防ぎます。

機能:UVカット率99%・吸水・乾燥・目隠し・飛散防止

カビの原因にもなる結露対策で、
面倒なお手入れ作業を短縮できる窓ガラスシートです。

結露抑制フィルム
窓フィルム 湿気の多い箇所に貼るだけ <結露抑制窓フィルム>はこちらから

窓用断熱シートの効果まとめ

窓ガラスフィルムのイメージ

この記事では「窓ガラスシートの断熱・遮熱効果」について、個人的な意見も含めて解説しました。

窓に何も貼っていない状態と比べると、
しっかり実感できる程の断熱効果があります。
窓にシートを貼るだけなので、
手軽に断熱対策をした方におすすめです。

ですが、窓ガラスシートだけで
窓の寒さ対策・暑さ対策をするのは限界も。
上手に断熱・遮熱するには、
カーテンとも組み合わせるのが近道です。

窓ガラスシートとカーテンで、
今年こそは気温に左右されづらい、快適な部屋作りを始めてみませんか?

ここまで読んで他にも疑問点がありましたら、こちらのサイトから無料で窓周りのプロにご相談頂けます↓

カーテンのプロに相談
無料で窓周りのプロにご相談したい方はこちら

窓装飾プランナーやインテリアコーディネーターの資格を持ったカーテンのプロがコーディネートから購入・採寸、更には取り付けなど何でも親切にお答えいたします!

素敵なインテリアで、毎日の生活をより楽しく、豊かに過ごしてくださいね!

>>断熱シートや遮熱カーテンが豊富!パーフェクトスペースカーテン館はこちら

この記事をSNSでシェア!
関連記事