これで後悔しない!非遮光カーテンのデメリットと対策法【夜透ける?日焼けする?】

2023/12/18 2023/12/18

これで後悔しない!非遮光カーテンのデメリットと対策法

自然の光を取り入れて開放感も感じられる「非遮光カーテン」
お部屋に取り入れてみたいけど、機能的に遮光カーテンより劣るのでは?と心配される方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、カーテン販売店の当店が非遮光カーテンのメリット・デメリットについてわかりやすく解説していきます。

非遮光カーテンが自分の生活環境や生活習慣にマッチしているのかを徹底的に見て、後悔しないカーテン選びの参考にしてみてください!

非遮光カーテンのデメリットと対策法

非遮光カーテンのデメリットと対策法

非遮光カーテンは光を通すため、遮光カーテンと比較すると機能面でのデメリットがいくつかあります。
まずは、デメリットについて知って、その対応法についてもみていきましょう。

非遮光カーテンのデメリット

非遮光カーテンのデメリット

➊プライバシーの制限
非遮光カーテンは、光を部分的に通すため、外からうっすらと人影が透けてしまいます。
そのため、特に夜間や人通りのある道に面しているお部屋では、プライバシーの確保が気になる場合があります。

➋完全に光の量をコントロールできない
非遮光カーテンは光を完全に遮断できないため、部屋に入る光の量を完全にコントロールすることが難しいです。
夜は暗くないと眠れない場合や、日中の眩しさを軽減したい場合には支障があるかもしれません。

➌外気温の影響を受けやすい
非遮光カーテンは部屋に自然光を通すため、太陽光の熱が部屋に入りやすくなります。
また遮光カーテンと比較して生地が薄いため、断熱効果が低いです。
そのため外気温の影響を受けやすく、冷暖房効率が下がり、家計の電気代などにも影響を与える可能性があります。

➍紫外線による影響
非遮光カーテンは家具や床に太陽光が直接当たりやすく、長期間の太陽光による色あせやダメージを受ける可能性があります。

デメリットに対する対策法

非遮光カーテンのデメリットの対策法

非遮光カーテンのデメリットを見てきましたが、どんな遮光カーテンを選ぶかやかけ合わせて使うアイテムの活用でデメリットを解消することができます!

具体的な方法を見ていきましょう。

➊プライバシーの制限の解消法
外からの視界が気になる場合には、外から室内の様子が見えない遮像レースカーテンやミラーレースカーテンにすることで、プライバシーは守れます。

➋光量の制御の解消法
非遮光カーテンの中でも様々な素材や色、厚みのものがあります。
より厚い生地のものや、光を吸収する暗めの色のものを選ぶことで、光の量を制御することが可能です。

➌外気温の影響の解消法
非遮光カーテンの中でも、流通量は少ないですが遮熱や保温機能を兼ね備えたカーテンもあります。
また、組み合わせるレースカーテンを遮熱や保温機能のあるものを選んでも、冷暖房効率UPが期待できます。
さらに、窓に遮熱・保温機能のある窓フィルムを貼るのも効果的です。

➍紫外線による影響の解消法
窓にUVカットフィルムを貼ることで、直射日光から家具や床を保護することができます。
また、家具の配置を変えるなどして直射日光を避けることも有効です。

以上のように、遮光カーテンのデメリットは工夫次第で解消することができます。

 

また、好みの生地やデザインのカーテンが非遮光のものだったというような場合は、後から取り付けられる裏地ライナーもあります。
裏地ライナーを取り付ければ、生地やデザインはそのままにUVカットや遮熱・保温などの機能性をupさせることが可能です。

▼裏地ライナーについて詳しく見る

アルミの力で徹底的に遮熱・保温!エコファインシリーズの裏地ライナー <エコファイン裏地ライナー>
アルミの力で徹底的に遮熱・保温!エコファインシリーズの裏地ライナー <エコファイン裏地ライナー>

 

非遮光カーテンにはメリットもいっぱい

ここまでデメリットについてお話してきましたが、非遮光カーテンにはメリットもたくさんあります。

非遮光カーテンのメリット

非遮光カーテンのメリット

➊外の光を取り入れられる
非遮光カーテンは日中カーテンを閉めていても自然光を柔らかく取り入れることができ、自然のあたたかさを感じられます。
自然とともに暮らしたい方におすすめです。

➋朝日で目を覚ますことができる
朝日を取り込む非遮光カーテンなら、太陽の光で目を覚ますことができ、スッキリと目覚めることができます。
日光を浴びると自律神経が整い、免疫力を上げる効果もあります。

➌種類が豊富
非遮光カーテンにはリネンやコットンなどの天然素材を用いたものも多く、素材の種類が豊富です。
また、遮光カーテンのように特殊な加工が必要ないため、デザインの種類も豊富です。

非遮光カーテンが向いている人

非遮光カーテンが向いている人

非遮光カーテンの特徴がわかったところで、実際どんな人に向いているのでしょうか?
具体例を挙げてみます。

◎自然の光で目覚めたい方
朝、太陽の光でスッキリと目を覚ましたい!という方は、寝室で非遮光カーテンを使用するのが向いています。
逆に、夜は真っ暗じゃないと眠れないという方や夜勤で昼間に寝ることが多い方にはオススメできません。

◎日中明るいお部屋で過ごしたい方
日中、自然光を取り込んで明るいお部屋で過ごしたい方には非遮光カーテンはおすすめです。

◎カーテンの生地やデザインにこだわりたい方
窓辺の印象を軽やかにしたい!カーテンはデザインを重視したい!という方は非遮光カーテンが向いています。

非遮光カーテンのおすすめ商品

おすすめの非遮光カーテン

ここからは素材やデザインにこだわった、当店おすすめの非遮光カーテンをご紹介します。

素材にこだわったおすすめ非遮光カーテン

捨てられてしまうはずの食材から生まれた、やさしい色合いのドレープカーテン <アコテ>
捨てられてしまうはずの食材から生まれた、やさしい色合いのドレープカーテン <アコテ>

 

お好みで選べる44色展開のやさしい風合いの天然素材リネン100%カーテン <ナトゥーラ>
お好みで選べる44色展開のやさしい風合いの天然素材リネン100%カーテン <ナトゥーラ>

 

お手頃価格で使いやすい!人気のアースカラー全8色のリネン×コットンカーテン <エブリデイ>
お手頃価格で使いやすい!人気のアースカラー全8色のリネン×コットンカーテン <エブリデイ>

 

デザインにこだわったおすすめ非遮光カーテン

色合いもデザインも、センス抜群の民族調カーテン <リコルド>
色合いもデザインも、センス抜群の民族調カーテン <リコルド>

 

マーガレットがかわいいナチュラルな北欧カーテン <ラッカウス>
マーガレットがかわいいナチュラルな北欧カーテン <ラッカウス>

 

ブルーとイエローのコントラストが美しいモロッコタイル模様の 非遮光カーテン <ガミラブルー ブルー>
ブルーとイエローのコントラストが美しいモロッコタイル模様の 非遮光カーテン <ガミラブルー ブルー>

 

非遮光カーテンデメリットまとめ

グリーンの日遮光カーテン

以上、非遮光カーテンの特徴や取り入れる際のポイントをお伝えしてきました。
非遮光カーテンのデメリットを知ることで、あなたの生活環境や生活習慣に向いているのか知ることができたのではないでしょうか。

非遮光カーテンにしてみよう!と思った方は、デメリットの解消法もぜひ試してみてください!

この記事を読んで他にも疑問がある場合は、こちらから無料で窓周りのプロにご相談頂けます↓

問い合わせ窓口へのバナーリンク
カーテンの事なら何でもお問い合わせください

・窓装飾プランナー
・インテリアコーディネーター
・リビングスタイリスト
・ライフスタイルプランナー

などの資格を持った経験豊富なプロが、商品の機能性から購入・採寸・取り付け、更にはコーディネートなど何でも親切にお答えいたします!

是非お気軽にご相談ください。

トップページへのバナー
品揃え5000種類以上!日本唯一のテイスト別カーテンショップで期待以上の素敵なお部屋が実現!

後悔のないカーテン選びで、毎日の暮らしを快適にお過ごしいただければ幸いです♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事をSNSでシェア!
関連記事