レースカーテンが防犯対策に重要だった!その理由とは?おすすめのアイテムも紹介

2020/9/28 2024/6/13
レースカーテンと造花、透明な王冠
▲シンプルなレースでしっかりプライバシーを守る<センティ>を見る

「部屋の中が外から見えてしまうのではないか…」という点は一人暮らしの女性はもちろん、どんな方でも不安ですよね。

例えば空き巣犯は、事前に犯行に及ぶ家の下見チェックをするそうです。財産を狙われてしまううえ鉢合わせる…なんてことがあれば身に危険が及ぶかもしれません。

そうした防犯の意味でも、お家の中が見えないようにするためのアイテムといえば…そう、カーテンですよね!

今回はカーテン専門店のスタッフが、空き巣の被害に遭いやすいお家の特徴と、レースカーテンによる対策方法をお伝えします。

カーテンの防犯対策が必要な理由は、空き巣の実態にあった!

遮像レースカーテン
▲写像レースカーテン一覧を見る

空き巣はどんなところをチェックしている?

泥棒も人間ですので、思い付きで犯行に及ぶことはありません。常習犯は最低2回、多くて4回も下見をするそうです。さて、何をみているのでしょうか。

【泥棒の下見ポイント①家族構成】
・住んでいる人数
・性別
・年齢
など、細かいところまでチェックします。

【泥棒の下見ポイント②生活スタイル】
・留守にしている時間帯
・留守の曜日
・家を空ける頻度

つまり泥棒は、その家に住んでいる人の生活リズムをじろじろ観察しているということです。

「そうか、12時にはみんなが寝るのか」「奥さんがパートに出かける10時になると、家の住民がみんないなくなるんだな」とか…

ゾッとしますよね。カーテンで対策しなければ、家の中の照明や人の影が丸わかりになってしまうんです。

空き巣に狙われやすい家とは

家の木製模型

泥棒がそれらをチェックした上で、狙われやすい家はずばり…

「ひとり暮らしの女性」
「高齢者だけの世帯」

そして、これらに当てはまらない方も、「長期留守にする」という時には狙われる対象になってしまいます。

旅行に行くなどすると、どうしても家を空けることになります。実際5月や9月の大型連休がある月は、少ない月と比べ、約5000件も空き巣被害が増えたというデータもあります!

泥棒にとっては絶好のチャンスということが見て取れますね。

空き巣はどこから入ってくるの?

割られた窓

空き巣が侵入する場所の6割が「なのだとか。

二重窓にしたり保護フィルムを投入したり…セキュリティを入れたりなど、様々な対策があります。でも、どれも費用や手間・時間がかかってしまいがちです。

そこでオススメでお手軽なのが、
カーテン選びや使い方で、防犯対策をする方法です。
生活に必要不可欠なカーテンでも、十分に対策が出来ますよ!

さて、どんな選び方使い方をすればよいのでしょうか。
今回は、それらの秘訣をご紹介します。

カーテンによる防犯対策①長期留守の場合

悩む女性

防犯対策を考える上では、「長期留守にする時」「普段の日常生活」二つのシチュエーションがあると思います。

それぞれのシーンで、防犯対策においてのカーテンの使い方が少し異なるもの。まずは、長期留守にする場合についてお伝えしていきます。

家を長期留守にする際、カーテンは開けるか閉めるか

旅客機が青空の中を飛ぶ

ここでクイズです。

Q.空き巣犯に狙われやすいのはどちらでしょうか。

Aさん
「明日から長期出張。
家を空けることになっちゃうから、誰もいないことがわかるのは避けたいな…
ちゃんと厚手の遮光カーテンを閉めて、中の様子が絶対に分からないようにすれば安心だ。」

Bさん
「明日から旅行♪
家にだれもいなくなっちゃうから空き巣が怖いな…
遮光カーテンを閉め切ると誰もいないって教えてることになっちゃうから、レースのカーテンだけを閉めておこう」

正解は「Aさん」です。

一般的に夜には遮光カーテンを閉めますが、逆に昼間に遮光カーテンを締め切ることはあまりなく、レースカーテンを使用することがほとんどだと思います。昼間に下見をする空き巣は、このような不自然な所から目をつけるのです。

夜に遮光カーテンを閉めていないのも不自然と思われる方もいらっしゃると思います。でも、それよりも圧倒的に昼間に遮光カーテンを閉めている」ことの方が違和感大なのです。しかも昼間は明るいので、外から窓の様子がよく見えてしまいますよね。

その為、留守にする際はBさんのように「レースカーテンのみ閉める」が正解なのです。さて、長期留守にする際の防犯対策で「レースカーテン」がキーアイテムであることがお分かりいただけましたでしょうか。

では、どんなレースカーテンを選べばいいの?レースカーテンだけではお部屋の中が見えそうで不安…と考える方もいらっしゃると思います。実は「部屋の中が見えにくくなる」魔法のレースカーテンがございます。それは一体どんなカーテンなのでしょうか。

昼も夜も部屋の中が透けない「プライバシー(遮像)レースカーテン」で防犯

レースカーテンの生地
▲遮像にくわえて防炎機能もON!安心でつつむ<センティ 防炎機能付き>を見る

みなさんは「ミラーレースカーテン」をご存知でしょうか。

カーテンの裏側にブライト糸(光沢のある糸)を使用。それにより、太陽光を鏡のように跳ね返すカーテンです。日中外から、お部屋の中を見えにくくします。

しかし、太陽の出ていない夜は、通常のレースカーテン同様の透け感になってしまいます。そこでご紹介したいのが、「プライバシー(遮像)レースカーテンというカーテンです。

プライバシー(遮像)レースは、生地の目を細かく仕上げることで、プライバシー保護効果が格段にUP!夜でも外からお部屋の中を見えにくくしてくれます。

これであれば、長期留守の際にドレープカーテンを閉めずに、レースカーテンだけ閉めた状態でも安心ですね!

当店でも、この素晴らしい機能をもった昼も夜も透けにくい魔法のレースカーテンを、たくさんご用意しております!いくつかピックアップしたので、ぜひお気に入りを見つけてください♪

おすすめの遮像レースカーテン

■業界トップクラスの遮像率!~アムール~

透けないレースカーテン
▲アムールを見る

なんとこちらの商品、業界トップクラスの遮像率となっております!カーテンの防犯対策をする上では、効果が最も高いレースカーテンでございます。

透けにくくなるだけではなく、遮熱効果UVカット機能もプラス!大変機能面に優れた商品となっております。この優れた商品の機能を、一つ一つ見てみましょう。

【遮像】
本当にレースカーテン?というくらい家の中からも、外からもほとんど透けません。プライバシーをしっかりと守ってくれる、鉄壁のレースカーテンです。お部屋に光を取り込んでくれるので、ドレープカーテンのように暗くもなりません。

お部屋の中は透けにくいのに、光はしっかり通すので、まさにいいとこ取り!

遮像のレベルをレースの種類で比較

【遮熱】
遮熱効果もバッチリ!夏は外から入ってくる熱を、冬は室内から熱が逃げるのを防いでくれます。オールシーズン使えるレースカーテンです。冷暖房の効果もアップするのでお財布にも優しい♪

【UVカット】
驚異のUVカット率93.1%!お肌の日焼けはもちろん、大切なインテリアも日焼けから守ります。西日が強いお部屋でも大活躍すること間違いなしです!

 

■花粉キャッチ機能が素晴らしい!~テルヒ~

リーフ柄のレースカーテン
▲テルヒを見る

国内屈指の有名メーカー帝人が手掛けた“エコリエ”というシリーズの一つ。
昼も夜も透けない機能はもちろん、花粉やホコリをキャッチしてくれるのです。

特殊加工の生地が空気中に飛散する花粉・ホコリをからめ取るように吸着。
窓辺でブロックし、室内にクリーンな空気を取り込みます。

さらに丸洗い可能なウォッシャブル機能も!清潔な状態を保つことが出来ますね♪

夏は遮熱効果で涼しく、冬は保温効果で快適に過ごせるのも魅力です。

カーテンによる防犯対策①日常生活の場合

遮像カーテン一覧
▲写像レースカーテン一覧を見る

もちろん普段の生活においても、「プライバシー(遮像)カーテン」を活用していただいても良いでしょう。しかし日常生活では、また違った視点での防犯対策も必要です。つづいては、そちらについてお話していきます。

日中と夜でレースカーテン、ドレープカーテンを使い分け

留守中はカーテンの開け閉めを自由に制御できませんので「プライバシーレースカーテン」のみを使用することがベストです。しかし、普段の日常生活なら自由に開け閉め出来ますよね。そのため以下のように、使い分けるのがおすすめです。

【オススメの使い方】
日中は「レースカーテン」
夜は「レースカーテン+ドレープカーテン」

日中:
ドレープカーテンを閉め切っていると不自然なので、レースカーテンのみを使用。
お日様が出ているのですから、光を取り入れましょう。
閉塞感も解消できます。

夜間:
ドレープカーテンも閉めましょう。
プライバシーレースカーテン+ドレープカーテンで、さらに防犯効果が高まります!

女性の一人暮らしの方、カーテンで防犯対策できてますか?

真っ白な遮光カーテン
▲シュガーホワイトを見る

注意したいのは、女性の一人暮らしでのカーテン選びです。防犯対策としてドレープカーテンやレースカーテンの色柄なども注意が必要です。

やはり可愛いものが好きな女性の方は多いと思います。しかしドレープカーテンがピンク色や花柄だったり、レースカーテンがフリル付きであったりしたら…どうでしょうか。その家に、女性が暮らしていると空き巣に知らせているようなものです。

できれば防犯対策を意識して女性の一人暮らしの場合は、シック・モダンインテリアに合う色や柄のドレープカーテンを選びましょう。

「女性の一人暮らしカテゴリーには、女性らしさを出しつつもシンプルでモダン、シックなカーテンがたくさん揃っています。是非お気に入りの商品を見つけてみてください♪

 

一人暮らしをする女性のお部屋のためのカーテン特集
▲女性の一人暮らし特集を見る

さて次は一人暮らしの方に限らず、家族でお住いの方、どんな方にもおすすめ
防犯対策バッチリな、ドレープカーテンをご紹介いたします♪

落ち着きのある15色展開!完全遮光カーテン~マニッシュ~

マニッシュな雰囲気の遮光カーテン
▲マニッシュを見る

すべて落ち着いた色で展開されたカーテンは、どんな方にもおすすめ♪また、こちらの商品は「完全遮光」となっております。

“完全遮光”とは?と疑問に持つ方も多いかと思いますので少し説明いたします。「1級遮光」「2級遮光」「3級遮光」というワードをご存知でしょうか。

遮光カーテンとは、光をカットするカーテンのこと。遮光のレベルに応じて、1級~3級の等級が設けられています。

1級に近づくほど、遮光性は高くなります。しかし、その1級の遮光率をさらに上回るカーテンがございます。それがズバリ「完全遮光」のカーテンです。

遮光等級による見え方の違い比較

裏側をアクリル樹脂コーティング。遮光率が限りなく100%に近くなっております。
防犯対策においては完璧な商品ですね♪

 

■一人暮らしの女性にはもちろん、どんな方にもおすすめ!~ブリリアント~

シンプルな無地カーテンを束ねて、レースカーテンをかけた窓辺
▲ブリリアントを見る

当店で圧倒的人気を誇る、ブリリアントシリーズのグレージュです!最も口コミ評価の高いこちらのカーテン。

「色々あって決められない…」
「誰かに背中を押してほしい」

なんて方に
即決いただけるカーテンです。可愛すぎない色味で無地だから、一人暮らしの女性でも安心。しっかり防犯対策をしながら、さまざまなテイストのインテリアと合わせて楽しめます♪

そしてさらに、1級遮光を備えた、機能面でも文句なしの一品!他にも、遮熱保温・防炎・ウォッシャブル…フル装備のパーフェクトカーテンです♪

カーテン選びが防犯対策には重要な理由【まとめ】

手のひらで家を包んでいる

防犯対策にカーテン選びが重要ということが、お分かりいただけましたでしょうか。これまでお伝えしたことをまとめます。

 

【空き巣等の防犯対策で重要なこと】
1.狙われやすい情報を犯人に知らせない!
→「長期留守」「女性の一人暮らし」等は狙われやすい

2.窓回りのアイテムが重要!
だけど防犯グッズを揃えるのは費用的に…という方は
お手軽に取り入れられるカーテンを使った防犯対策がオススメ♪

 

【長期留守にする際のカーテン】
・昼にドレープカーテンを閉めっぱなしは不自然なためレースカーテンだけ閉める
→昼も夜も透けにくい「プライバシー(遮像)レースカーテン」を選ぼう
【普段の日常生活においてのカーテン】
・日中は「レースカーテン」夜は「レースカーテン+ドレープカーテン」というように使おう
・一人暮らしの女性の方は、ピンクやフリルなど、女性と判断されてしまうようなカーテンはなるべく避けよう

要するに、長期留守にする時のためにプライバシーレースカーテンを購入しておき、普段の生活にも取り入れることがベストな防犯対策となります。

いつ直面するか分からないトラブル。なるべく早く、防犯対策をするに越したことはありません。カーテンの外に影が見えたら、なかなか安心して過ごせませんよね。

気になった時が検討する時!しっかり対策して、楽しいホームライフを送りましょう♪最後になりましたが、ここまでご覧いただき誠にありがとうございます!

 

この記事を読んで他にも疑問がある場合は、こちらから無料で窓周りのプロにご相談頂けます↓

問い合わせ窓口へのバナーリンク
カーテンの事なら何でもお問い合わせください

・窓装飾プランナー
・インテリアコーディネーター
・リビングスタイリスト
・ライフスタイルプランナー

などの資格を持った経験豊富なプロが、商品の機能性から購入・採寸・取り付け、更にはコーディネートなど何でも親切にお答えいたします! 是非お気軽にご相談ください。

トップページへのバナー
品揃え5000種類以上!日本唯一のテイスト別カーテンショップで期待以上の素敵なお部屋が実現!

 

この記事をSNSでシェア!
関連記事