睡眠が超快適になる寝室のカーテンの色の選び方を販売店のプロが解説

2024/3/5 2024/3/11

カーテンと寝室

寝室は、日々の疲れをリセットするための大切な空間。

明日の活力を蓄えるために、上質な睡眠を実現する寝室の環境づくりにこだわりたいところですよね。

なかでも、寝室のカーテンの色選びは非常に重要。
どのようなカーテンを選ぶかで、睡眠の質に大きな影響を与えます。

そこで本記事では、寝室のカーテンの色の選び方を徹底解説。
色・柄・機能性において注目したいポイントや色別のおすすめ商品まで、大手販売店のプロ目線で詳しくご紹介していきます。

これを読めば、寝室のカーテンの色で悩むことはありません!

ぜひ最後までチェックして、あなたの寝室に最適なカーテン選んでくださいね。

寝室の色は鎮静効果のある寒色系がおすすめ

寒色系のカーテン

寝室のカーテンには、鎮静効果を持つブルーなど寒色系のカーテンを選ぶのがおすすめです。

就寝前には興奮状態を落ち着かせて、リラックスした気持ちで眠りに入ることが大切です。

そこで注目したいのが、色の持つ作用。
色には自律神経や代謝を活発にしたり、逆にリラックスさせたりとさまざまな効果があります。
そのため、色が心や身体に与える影響を踏まえてカーテンを選ぶことが大切です。

寝室におすすめの色は、青色やベージュ、グレーなどの寒色系。
心を落ち着かせる鎮静効果が期待できるため、寝室のカーテンカラーに最適ですよ。

そのうえで、ベッドカバーや枕カバーなどのインテリアと、カーテンの色味を合わせるとよいでしょう。
統一感がある落ち着いた空間に仕上げることができますよ。

おすすめの寒色5選とおすすめ商品

おすすめの寒色5選と色別のおすすめ商品を紹介していきます。

まずおすすめの寒色5選は以下の通りです。

・ネイビー
・ベージュ
・ブルー
・グレー
・グリーン


ここからは、色別のおすすめ商品を紹介していくので、寝室のカーテン選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

寒色①落ち着いたネイビー

ラグジュアリーな雰囲気漂う完全遮光カーテン
モダン カーテン ラグジュアリーな雰囲気漂う完全遮光カーテン <アワード>

まず、紹介する寒色はネイビーです。
ネイビーのような深みのある色は、知的で上品な印象を与えてくれますよ。

ネイビーのような濃いブルーは副交感神経が優位に働かせる影響があり、入眠前に視界に入ることで質の良い眠りが期待できます。
加えて、リラックス効果もあるので、睡眠前に読書する人には特におすすめです。

おすすめ商品は完全遮光カーテン <アワード>
完全遮光機能で光をシャットアウトしつつ、ラグジュアリーな雰囲気が漂う逸品です。

寒色②温かみのあるベージュ

 一級遮光カーテン<グレートメロー>
【最短・翌日出荷】 安い1級遮光カーテン 毎日を頑張るあなたへ、22色から選べるカーテンで癒しのひとときを。 <グレートメロー>

ベージュは大地や樹木をイメージさせ、安心感を与えてくれる色。
一般的に多い木目の床とも馴染むので、取り入れやすく人気のカーテンカラーです。

ベージュのカーテンは、1日の緊張をほぐし、ほっとした状態で入眠できる、快適な寝室を演出してくれます。

ベージュがお好みの人には、1級遮光カーテンのグレートメローがおすすめ

1級遮光と低コストを両立した、当店イチオシの寝室カーテンです。
また、ベージュからは逸れますが、カラーバリエーションも22色と豊富なため、様々な色の中からご自身のチョイスで好きな色をお選びいただけますよ。

寒色③安らぎを与えてくれるブルー

「軽い」 完全遮光 カーテン <オデッセイ>
【軽い!完全遮光】カーテン 国内初の「軽い」 完全遮光 カーテン <オデッセイ>

ブルーは、感情に働きかけて興奮をおさえ、精神を安定させてくれる色。

心身を休めてくれたり、イライラを落ち着かせる癒し効果があります。
仕事で疲れている人には特におすすめの色ですよ。

また、安眠にはもちろん、寝室で仕事や勉強をする人にもおすすめです。

ブルーの中でも水色のような明るく鮮やかな色は、清涼感や透明感が感じられますよね。
ブルーが持つ落ち着きを感じながら、爽やかな西海岸風インテリアや癒されるリゾート風インテリアを楽しめるでしょう。

ブルーが好きな人におすすめの商品は、国内初の「軽い」 完全遮光 カーテン <オデッセイ>。

ずっしり重たくなりがちな完全遮光カーテンですが、この商品は独自技術により軽量化を実現しています。
開け閉めが軽く、お手入れもラクチンです♪

寒色④穏やかな印象のグレー

シャンタン織りの遮光カーテン <クレイン>
【最短・翌日出荷】遮光カーテン とにかく柔らかい生地感にこだわった、シャンタン織りの遮光カーテン <クレイン>

グレーはシックで洗練されたイメージの色。

力を抜きたい時に心理的に惹かれる色でもあり、疲れやイライラなどストレスを緩和する効果があります。

また、コンクリートなど冷たい印象もあるグレーですが、カーテンでは生地の風合いや揺れから柔らかく上品な印象を与えてくれる色でもあります。

おすすめの商品は、遮光カーテンの中でもとにかく柔らかい生地感にこだわった、シャンタン織りの遮光カーテン <クレイン>

まるで絹織物のように美しい、シャンタン生地に目を奪われてしまいます。

高機能なカーテンは生地が分厚く、手触りも硬くなりがち…。
そんな常識を覆す、柔らかく上質な逸品です。

寒色⑤リラックス効果のあるグリーン

完全保温カーテン<グレートオデッセイ>
【保温率No.1】完全保温カーテン 国内最高峰の保温率で叶える、寒さに負けない窓辺 <グレートオデッセイ>

グリーンは草木や森林など自然をイメージさせ、癒しや安心感を与えてくれる色。
心身を休める寝室には相性の良いカーテンカラーだといえます。

また、アースカラーなので、茶色いインテリアや床と馴染みやすい色でもありますよ。

グリーンのカーテンなら、<グレートオデッセイ>がおすすめです。

保温効果に徹底的にこだわられており、その保温力は国内最高峰
遮熱機能もあるので夏場も部屋が暑くなりにくい優れものですよ。

暖色系のカーテンは避けた方が良し

暖色系のカーテン

暖色系の赤、オレンジ、黄色などの暖色系は寝室カーテンとしておすすめできません。

理由として、暖色には興奮作用があり、心身ともに穏やかに入眠することが難しくなるリスクがあるからです。

どうしても赤や黄色などの暖色系が好きだという方は、極力淡い色の商品を選ぶとよいでしょう。

薄い色のカーテンで光の透過が気になるなら遮光機能付きを選択

1級遮光カーテンの室内

色味や素材によっては透ける場合も。
特に薄い色のカーテンで光の透過が気になるなら、遮光機能付きのカーテンを選ぶとよいでしょう。

遮光機能付きのカーテンは、光の透過をおさえ日中でも室内を暗く保つことが可能です。

同じ遮光機能付きでも、製品の遮光等級によって光の透過率は異なります。

より部屋を暗くしたいという方は”完全遮光”もしくは”1級遮光”のカーテンを選ぶとよいでしょう。

完全遮光一覧ページへのバナー
絶対に光を入れたくない方にオススメ!完全遮光カーテンはこちら
1級遮光カーテン一覧ページへのバナー
機能性抜群!1級遮光カーテン一覧はこちら

まとめ

今回は、寝室におすすめのカーテンカラーを5選紹介してきました。

紹介したものの中で、ご自身のお好きな色がありましたでしょうか。

記事内でも解説した通り、色はそれぞれ様々な効果を持っています。
好みに加えて、色の持つ作用という視点も絡めてカーテンが選べると尚よいでしょう。

ぜひ、この記事を参考に寝室カーテン選びをしてみてください!

この記事を読んで他にも疑問がある場合は、こちらから無料で窓周りのプロにご相談頂けます↓

問い合わせ窓口へのバナーリンク
カーテンの事なら何でもお問い合わせください

・窓装飾プランナー
・インテリアコーディネーター
・リビングスタイリスト
・ライフスタイルプランナー

などの資格を持った経験豊富なプロが、商品の機能性から購入・採寸・取り付け、更にはコーディネートなど何でも親切にお答えいたします!

是非お気軽にご相談ください。

トップページへのバナー
品揃え5000種類以上!日本唯一のテイスト別カーテンショップで期待以上の素敵なお部屋が実現!

 

この記事をSNSでシェア!
関連記事