カーテンの値段の相場を販売店のプロが解説【一人暮らし・賃貸・アパート・新築の場合も】

2023/6/28 2024/7/9

カーテンの相場は?一人暮らしや家の広さ別の値段も伝授。

引っ越しをして新生活の始める際、カーテンの準備が欠かせません。
しかし、予算をどのくらい見ておけばいいのかを把握することは難しいものですよね。

そこで、この記事では、カーテン購入に関する不安を解消し、スムーズな選択ができるように 一人暮らしなどの暮らしの形態や家の広さごとの価格相場について販売店のプロ詳しく解説します!

カーテンの選択はインテリアにおいて重要な要素であり、長く使用するものですから慎重に検討する必要があります。
この記事を通じて、カーテンの相場や選び方についての理解を深め、ご自宅にぴったりのカーテンをぜひ見つけてください。

レースカーテンのみの場合は、こちらの記事をご覧ください。

レースカーテンの値段の相場と安く済ませるポイントを販売店のプロが解説

カーテンの一般的な相場

カーテンの一般的な相場は?

まずは一般的なカーテンサイズ 高さ200cm×幅200cm で比較してみましょう。

既成カーテン  ¥3,000~¥10,000
オーダーカーテン  ¥10,000~¥100,000

標準的なサイズやデザインの既成カーテンを選ぶか、ご自宅の窓に合ったサイズや仕立て方でオーダー出来るオーダーカーテンを選ぶかでもかなりの違いがあります。

ご自宅の窓が標準的なサイズの窓で気に入るデザインがあれば、既成カーテンを選ぶのが経済的です。

インテリアにこだわりたい方や既成カーテンではサイズが合わない方は、オーダーカーテンを選ぶと幅広いデザインから選べてサイズもぴったりのカーテンが手に入ります。

カーテンの価格相場に影響する4つの要素

カーテンの価格相場に影響する4つの要素

一口にカーテンといっても、ものによって価格はピンキリで、さまざまな要素よって変動します。
一般的に、カーテン価格に影響を与えるとされる4つの要素を見ていきましょう。

【1】サイズ

サイズ

カーテンの幅や丈によって価格が変動します。大きな窓や特注サイズの場合は、通常よりも高価になる傾向があります。

【2】素材

素材

カーテンの素材も価格に大きな影響を与えます。高品質な自然繊維や特殊な加工が施された素材は、一般的な合成繊維よりも高価です。

【3】デザイン

デザイン

カーテンのデザインやパターンによっても価格が変わります。より洗練されたデザインや特別な柄がある場合は、一般的なデザインよりも高価になることがあります。

【4】ブランド

ブランド

ブランドによっても価格に差があります。一般的に有名なブランドや高級ブランドのカーテンは、他のブランドよりも高価な場合があります。

既成カーテンとオーダーカーテンの違いは?

それでは、既成カーテンとオーダーカーテンのどちらを選べばよいのか、見ていきましょう。 それぞれのメリット・デメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
既成カーテン ・比較的低価格

・完成品なので納期が速い

・サイズが限定される

・好みのデザインやカラーが見つからない場合がある

オーダーカーテン ・窓のサイズや形状に合わせてカスタマイズ可能

・素材やデザイン、カラーなどの選択肢が豊富

・既製品よりも高価

・納品に時間がかかる場合がある

デザインにこだわりがなく、サイズが合うものがある場合は既成カーテンを選ぶのが良いです。
また、複数窓あって予算を抑えたいときに、サイズの合う窓があれば既成カーテンを利用するのも手です。

既成カーテンで合うサイズが見つからない!
完成品だと欲しいデザインがない!

という方は、次項でオーダーカーテンの相場について詳しく見ていきましょう。

家の広さ別のカーテン価格相場は?

家の広さ別のカーテン価格相場は?

お家の広さによって窓の数も変わってくるため、必要なカーテンの枚数も変動してきます。

窓の数が増えると、カーテンの枚数も増えるため、必要な費用も相応に増加します。
また、窓のサイズやデザインによってもカーテンの大きさが異なるため、それぞれの窓に合ったサイズのカーテンを選ぶ必要があります。

ここではすべての窓にカーテンを取り付けたときの費用目安を、お家の広さ別に見ていきましょう。

ワンルームやアパートなど一人暮らしの場合

一人暮らしの場合(ワンルーム)

一人暮らしのコンパクトなアパートメントやワンルームマンションでは、通常、掃き出し窓が1か所の場合が多いです。
そのため、1組のカーテンでカバーできます。

では、一人暮らしにおすすめの当店人気no.1カーテンを例に、オーダーカーテンの相場を見ていきましょう!

ドレープカーテン 高さ200×幅200cm ×1窓 ¥9,800(税込)
レースカーテン 高さ200×幅200cm ×1窓 ¥6,800(税込)
合計
1窓 ¥16,600(税込)

ドレープカーテンは一級遮光で遮熱・保温機能もついており、レースカーテンは一人暮らしには嬉しい昼透けにくいミラーレース機能までついてこの価格は嬉しいですね。

このように、必要な機能が十分揃っているオーダーカーテンでも予算2万円くらいで揃えられるでしょう。
生地感にこだわったカーテンやデザインカーテンでも2万円~3万円程度で揃えられそうです。

二人暮らしの場合(マンション2LDK)

二人暮らしの場合(マンション2LDK)

二人暮らしのマンションでは、掃き出し窓2か所&腰高窓2か所程度の間取りが一般的です。

では、二人暮らしにおすすめな遮光カーテンを例に、相場を見ていきましょう。

ドレープカーテン 高さ200×幅200cm ×2窓 ¥19,600(税込)
高さ125×幅200cm ×2窓 ¥15,600(税込)
レースカーテン  高さ200×幅200cm ×2窓 ¥13,600(税込)
高さ125×幅200cm ×2窓 ¥10,800(税込)
合計 4窓  ¥59,600(税込)

窓数が多い分金額が高くなりますが、それぞれのお部屋の用途に合ったカーテンを選ぶと費用を抑えることもできます。

日中過ごす時間の多いリビングや疲れた体を癒す空間の寝室などは機能やデザインにこだっわたカーテンを選び、物置部屋にはシンプルなカーテンを選ぶのも手です。

ぜひ、お部屋での過ごし方を想像しながらカーテンを選んでみてください。

家族暮らしの場合(一戸建て3LDK)

家族暮らしの場合(一戸建て3LDK)

家族で暮らす一戸建てでは、間取りによって窓数やサイズはさまざまですが、今回は目安として掃き出し窓4か所&腰高窓4か所で計算していきましょう。

今回はたくさん窓があるお家におすすめの遮光カーテンを例に相場を見ていきましょう。 (軽いとお手入れ時のつけ外しや日々の開け閉めが楽ですよ!)

ドレープカーテン 高さ200×幅200cm ×4窓 ¥67,200(税込)
高さ125×幅200cm ×4窓 ¥52,800(税込)
レースカーテン 高さ200×幅200cm ×4窓 ¥27,200(税込)
高さ125×幅200cm ×4窓 ¥21,600(税込)
合計 8窓 ¥168,800(税込)

一戸建ての場合は、多くの窓がある為カーテンにも相当な費用がかかりますね。 それでもたくさん部屋がある分、カーテンを選ぶ楽しみも増えるのでは?

部屋ごとに予算を決めて、用途に合ったカーテンを選んでみてください♪

少しでも安く購入したい場合はプロに相談

いかがでしたか? 今回はカーテンの相場についてご紹介しました。

機能やデザインによって大きく価格が変動するので迷ってしまうかと思いますが、 自分の欲しいカーテンの条件に優先順位をつけて、予算の範囲で気に入るカーテンを見つけてください。

優先順位を付けるのが難しいという場合は、一度プロに電話して相談・見積もりをするのがベスト。
あなたが優先するポイントを抑えつつ、安いカーテンをご提案します↓

問い合わせ窓口へのバナーリンク
カーテンの事なら何でもお問い合わせください

お問い合わせ頂ければ、、

・窓装飾プランナー
・インテリアコーディネーター
・リビングスタイリスト
・ライフスタイルプランナー

などの資格を持った経験豊富なプロが、商品の機能性から購入・採寸・取り付け、更にはコーディネートなど何でも親切にお答えいたします!

是非お気軽にご相談ください。

トップページへのバナー
品揃え5000種類以上!日本唯一のテイスト別カーテンショップで期待以上の素敵なお部屋が実現!
この記事をSNSでシェア!
関連記事