お部屋をおしゃれにするベージュのラグを、インテリアコーディネーターが解説!

2024/5/8 2024/6/11

ベージュのラグでコーディネートした部屋

ベージュのラグは、お部屋の雰囲気をナチュラルで温かみを与えてくれます。
とはいえ、ベージュは種類もたくさんでどのラグを選んでいいか迷ってしまいますよね。

お部屋のおしゃれ度をアップさせるためのポイントを押さえ、 ワンランク上のお部屋作りをしていきましょう。

インテリアコーディネーターによるお部屋をおしゃれにするベージュのラグ選びをご紹介します。

これを読めば、あなたのお部屋をおしゃれにコーディネートできるので、ぜひ参考にしてください!

なぜベージュのラグが人気なの?

クエスチョンマークの形をしたラグ

ラグをベージュにすれば安心!と直感的に感じる方もいらっしゃるかと思います。
なぜそう感じるのか、ベージュのラグにておしゃれな空間を作りやすい理由について解説します。

部屋が広く見える!部屋の境界線を曖昧にする効果

光を取り入れた開放的な部屋

お部屋は広々と開放的なイメージにしたいものですよね。
ベージュのラグは、部屋の境界線を曖昧にする効果があります。
そのため、部屋全体が広く感じられるようになります。

また、ベージュのラグは、床の色や素材との調和が比較的容易です。
床との色の連続性が高まることで、視覚的な障害が減り、部屋の広がりを感じやすくでしょう。

さらに、ベージュは明るい色調であり、光を反射しやすい特性があります。
そのため、部屋全体に光がより広がり、明るく見えやすくなります。
明るい部屋は自然と広く感じられますね。

万能!どんな床色壁色にもマッチする

ベージュのラグと床・壁の色と調和がとれた部屋

家具を買ったけれど、それに合うラグは何色がよいか、反対も然り。
悩みますよね。

ベージュは中立色であり、他の色と調和しやすい特性があります。
床や壁の色が何であっても、ベージュはほとんどの場合に馴染みます。

また、ベージュは穏やかな色合いであり、部屋全体に柔らかな雰囲気をもたらします。
床や壁の色が明るい場合でも、ベージュのラグが部屋を引き締めてくれるので、バランスがとりやすいです。

ベージュは非常に多目的な色であり、ほとんどのインテリアテイストに適応。
テイストを変えたくなった場合でも万能に対応できます。

これらの理由から、ベージュのラグは床や壁との調和を図りやすく、多くの部屋で使われています。

飽きがきにくい

海岸の砂浜にハートの砂絵

せっかくラグを買ったのにすぐに飽きてしまったということもありますよね。
ベージュは中立で穏やかな色調のため、流行や季節の変化に左右されず、長期間にわたって好まれる色になります。

また、あらゆるテイストに対応する色味となるため、家具や小物を変えるとそのテイストに染まってくれます。

ラグは変えていないのにまるでラグを変えたように全体の雰囲気に適応しくれるため、ベージュのラグは飽きることなく長く愛用が可能です。

汚れやほこりが目立ちにくい

白いラグの上で眠る猫

お部屋をおしゃれに見せるにはなんといっても清潔感が第一条件!

ベージュは明るく中立な色合いであり、汚れやほこりが目立ちにくい特性があります。
明るめのお色味にした場合は汚れやほこりが目立ちにくく、少し落ち着いた色味にすると髪の毛などの濃いお色味のごみなどが目立たなくなります。
ペットを飼っている方などもぺっとの抜け毛などが目立ちにくくなるので、ベージュのラグはお勧めです。

今どういった色味の汚れに悩んでいるかによって、ベージュの濃淡を決めていただくとよいとでしょう。
長期間にわたって清潔な印象を保つアイテムです。

雰囲気別!おすすめベージュラグをご紹介

ラグを取り入れた開放的な理想の部屋

『数多くのベージュのラグの中でどれを選んでいいのか分からない』
という方も多いでしょう。

そういった場合、実際にどのような雰囲気なお部屋にしたいのか、どういった空間に身を置きたいかにより、ラグを決めると理想の空間を手に入れられます。
雰囲気別にお勧めのラグをご紹介します。

くつろぎと癒しの落ち着いた雰囲気にしたい

くつろぎスペースにしたい場合は、毛足長めの少し濃い目のベージュがお勧めです。

<ローレル>は毛足は長めでふわふわと温かく座った瞬間離れたくなくなる商品です。
少し大きめのサイズをお選びいただくとよりくつろぎ感が増します。
ナチュラルテイスト、アジアンテイストなどの自然素材コーディネートにも相性が良いでしょう。

毛足長めの少し濃い目のベージュのラグ
【送料無料】【4~6営業日出荷】ラグ 糸の高低差で立体感のある高機能ラグ<ローレル>

洗練された明るいおしゃれな雰囲気にしたい

お部屋に光を取り入れ、明るく開放的な都会の雰囲気を目指したい方は、毛足が短くホワイトに近いベージュを選ぶとよいでしょう。

<トラビス>のようにどシンプルなライン模様入りなどもセンシティブな印象となるのでお勧めです。
モダンインテリア、シンプルインテリアとの相性も良いでしょう。

毛足が短くホワイトに近いベージュのラグ
ラグ へたりにくいヒートセット加工が嬉しい、ラインがおしゃれなラグ<トラビス>

シンプルすぎないコーディネートにしたい

どんな空間にも合わせやすいベージュですが、
『全体的にシンプルすぎるのもつまらない』と感じる方も多いと思います。
そんな心配のある場合は、無彩色の白やグレー、黒を基調とした柄にすると、お部屋のコーディネートの邪魔をせず適度な個性を取り入れることが出来ます。

<デュウ>はシンプルすぎず適度にデザイン性を取り入れたラグです。
柄による濃淡を感じ、どんなインテリア小物を入れても良さを引き立ててくれます。

無彩色の白やグレー、黒を基調とした柄のラグ
ラグ 弾力のある踏み心地が楽しい、ウッドデザイン柄のラグ<デュウ>

自分らしさをプラスした個性的な雰囲気にしたい

個性を出していきたいということであればなんといっても柄ものです。
しかし、せっかく合わせやすいベージュ色にしたのに柄を取り入れて合わせにくくなってしまうという心配もあるでしょう。
そんな時、柄やカラー選びに一工夫すると、周りとのコントラストを崩さずに柄ラグを取り入れることが出来ます

<アルマ ゴブランシェニール>は柄に規則性を持たせ、色味はアースカラーなどベージュのなじみカラーのみで統一しているため、個性ある柄であるにも関わらず、お部屋の雰囲気を落ち着かせてくれます。

花柄の規則性があるベージュのラグ
ラグ フィンレイソンのオシャレで大人かわいいALMAのゴブラン織ラグ<アルマ ゴブランシェニール>

まとめ

白を基調とした明るい部屋

ベージュのラグは、最も種類が多い反面、選定がとても難しくもあります。
今回ご案内したラグの選び方を参考にしていただき、ラグを入れた素敵なお部屋作りをしていただきたいです。

この記事を読んで他にも疑問がある場合は、こちらから無料でラグ・カーペット・マットのプロにご相談いただけます↓

問い合わせ窓口へのバナーリンク
ラグ・カーペット・マットの事なら何でもお問い合わせください

・インテリアコーディネーター
・リビングスタイリスト
・ライフスタイルプランナー

などの資格を持った経験豊富なプロが、商品の機能性から購入・採寸、更にはコーディネートなど何でも親切にお答えいたします!
是非お気軽にご相談ください。

ラグ・カーペット館問い合わせバナー
▲ラグ・カーペット館TOPへ行く
この記事をSNSでシェア!
関連記事