レースカーテンを代わりの物で代用したい場合の完全ガイド【専門店監修】

2024/5/1 2024/5/30
紐で出来たのれん
【送料無料】【最短・翌日出荷】ハイゲージレースとひもの2重のれん ~サリー~ 85×120cm

機能性に優れたレースカーテンですが、代わりの物で代用したいと思ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「レースカーテンの代替品を使ってデメリットはないのか」
「レースカーテン代用におすすめなものは何だろう?」

本記事では、上記のような疑問にお答えできるように、「レースカーテンを代わりの物で代用したい場合の完全ガイド」と題してインテリア専門店目線で徹底解説。

レースカーテンの代替をおすすめしない理由や代用品の利用が向いている部屋、おすすめの代替品まで完全網羅で触れた記事となっています。

これを読めば、レースカーテンの代替品を使うべきなのかどうか。
使う場合にはどんなアイテムが向いているのか分かります。

ぜひご一読ください!

レースカーテンの代替をおすすめしない8の理由

レースカーテンの代替は以下の8の理由からおすすめできません。

・室内温度が極端になる
・結果的に安く済まない場合が多い
・部屋が極端に暗くなったり・明るくなったりする場合がある
・通気性が悪くなる場合がある
・柄や色が付いている場合、部屋全体に反射する
・レースカーテンにもおしゃれな物がある
・取り付けが面倒
・開閉がしにくくなる
それぞれ詳しく見ていきましょう。

室内温度が極端になる

室内温度が極端

ブラインドやロールスクリーンといった代替手段を用いてしまうと、レースカーテンには備わっていた遮熱性・保温性が失われてしまうので、室内温度が極端になってしまいます。

一方でレースカーテンであれば夏は遮熱性で部屋を涼しく、冬は保温性で部屋を暖かく保つので、室内温度が一定になりやすいです。

結果的に安く済まない場合が多い

安く済まない

代替手段となるブラインドやロールスクリーンなどは、レースカーテンに比べて耐久性が劣るので、結果的に買い替えのペースが早くなり高くつきがちです。

一方でレースカーテンであれば、初期費用が高くても長い間使うことができるので、長期的な目線で見ると安く済む場合が多いですよ。

部屋が極端に暗くなったり・明るくなったりする場合がある

部屋が極端に暗くなったり明るくなったりする

レースカーテンの代替品として、厚い布を使うと部屋が極端に暗くなってしまいます。
反対に、遮光性が悪いもので代用すると部屋が極端に明るくなってしまいがち。

レースカーテンであれば適度な遮光性なので、部屋の明るさの調整が簡単ですよ。

通気性が悪くなる場合がある

通気性が悪くなる場合がある

代替品として用いるものによっては、まったく風を通さない場合があります。

一方でレースカーテンは、風通しが良く窓を開ければ気持ちのいい風を部屋に送り込むことができますよ。

部屋の換気にも便利です。

柄や色が付いている場合、部屋全体に反射する

柄付きのロールスクリーン

代替品に柄付きの物や色付きの物を選んだ場合、部屋全体に反射してしまいます。

光の反射で部屋に柄の模様が付いたり、色がついて落ち着かない空間となってしまうと過ごしにくいですよね。

レースカーテンであれば、無地かつ白色のものが多く部屋に反射することはありません。

レースカーテンにもおしゃれな物がある

おしゃれなレースカーテン

おしゃれな布などで代用して部屋をおしゃれに演出したいという方も多いですが、最近はレースカーテンでもおしゃれな製品が多いです。

加えて、レースカーテンであれば遮熱性や保温性、風通し、取り扱いやすさなど布に比べて機能性が大幅に優れています。

おしゃれさ機能性の両面から布よりもレースカーテンの方がおすすめだと言えるでしょう。

取り付けが面倒

ロールスクリーンの取り付け

代替品はレースカーテンに比べて取り付けが面倒だというのも弱点です。
カーテンフックを自分で取り付ける必要があり、そのためには縫う必要があります。

カーテンクリップという手段もありますが、外れやすいのが欠点です。

開閉がしにくくなる

レースカーテンのひだ

代替品の多くには、レースカーテンについているヒダがないので開閉しにくいのもデメリットです。

レースカーテンならヒダを持つことで、暗い中でもサッと手の感触だけで開閉できます。

レースカーテンを代わりの物で代用するのが向いている場合

ここまで、レースカーテンの代替がおすすめできない理由について解説してきましたが、一方で以下のような場合は代用品の使用が向いています。

・部屋の環境が既に快適な場合
・機能性を捨てても、お気に入りのものを付けたい場合
・あまり開閉を行わない場合
それぞれ詳しく見ていきましょう。

部屋の環境が既に快適な場合

快適な部屋

部屋の環境が既に快適であり、レースカーテンの機能に特に頼る必要がない場合は代用品の利用もおすすめです。

レースカーテンは、耐久性や遮熱性、保温性、通気性、適度な遮光性など、機能性に優れ、部屋の快適さを高めるアイテム。

多くの代替品は機能性の面で劣ります。
ただし部屋の快適さが既に実現できているという場合は特に機能性も必要ないので別の物で代用していただいても全然OKです。

機能性を捨てても、お気に入りのものを付けたい場合

おしゃれなロールスクリーン

とにかくおしゃれさを重視しており、機能性を捨ててでもお気に入りのものを付けたい場合も代用品の利用してください。

インテリアコーディネーターとしては、レースカーテンの機能性は捨てがたいものだと感じてしましますが、お部屋で過ごすのは皆様です。

したがって、最後は自分のやりたいようにやるのが一番だと言えます。

あまり開閉を行わない場合

カーテンの開閉

あまり開閉を行わない場合も、代用品の利用が向いています。
開閉を行わなければ、耐久性も落ちず、開閉のしにくさも感じにくいです。

レースカーテン以外の代用品を利用しても、デメリットは感じにくいでしょう。

レースカーテンのおすすめ代替品7選

レースカーテンのおすすめ代替品7選は以下の通りです。

・ブラインド
・ロールスクリーン
・すだれ
・のれん
・シーツ
・余りものの布
・窓ガラスシート
それぞれ詳しく見ていきましょう。

ブラインド

ブラインド

レースカーテンの代替品一つ目は、ブラインドです。

オフィスやお店、ご家庭など幅広い場所で利用される便利な窓辺の装飾品。
アルミの物から木でできた物まで素材の幅が広いのが特徴です。

<メリット>
・機能性が良い
・光の量が調節しやすい
・開閉する必要がない(角度調整するだけ)
・印象がすっきりする
・掃除しやすい
<デメリット>
・値段が高い
・遮音性が低い
・遮光性が低い
・ほこりが積もりがち

 

ブラインドの商品一覧は下記よりご覧ください。

ブラインド一覧ページへのバナー
トップメーカーから200種類の商品が選べるのは当店だけ! ブラインド一覧はこちらから

ロールスクリーン

ロールスクリーン

柄の選択肢が豊富なロールスクリーンもレールカーテンの代用品としておすすめです。

ロールスクリーンには以下のようなメリットとデメリットがありますよ。

<メリット>
・機能性が良い
・ロールスクリーンを全開したときにコンパクト
・厚みがなくすっきりした印象
・商品の柄のバリエーションが多い
<デメリット>
・値段が高い
・全開にすると室内が丸見え
・遮光性が低い
・遮熱性が低い
・取り付けが大変
・洗濯が手間
・風を通しにくい構造で窓を開けるとあおられてしまう

 

ロールスクリーンの商品一覧は下記よりご覧ください。

ロールスクリーン一覧へのバナー
トップメーカーから200種類の商品が選べるのは当店だけ!一覧ページはこちら

すだれ

すだれ

竹や富士などの自然素材でできたすだれ。
日本で昔から用いられている日よけ道具です。

和の雰囲気を演出可能なすだれのメリットとデメリットは以下の通りです。

<メリット>
・風通しやすい
・畳の部屋にマッチ
・夏は涼しい
<デメリット>
・取り付けが面倒
・冬は寒い

のれん

のれん

のれんも日本古来から使われる伝統的な仕切り布です。

飲食店や温泉で使われるイメージですが、ご家庭のインテリアでも使われることが多いですよ。

レースカーテンの代わりに窓辺に着けることで和風な雰囲気が演出できます。

<メリット>
・値段が安い
・用意しやすい
<デメリット>
・とにかく機能性低い

 

のれんの商品一覧は下記よりご覧ください。

のれん一覧ページへのバナー
定番から個性派まで!のれん一覧ページはこちら

シーツ

シーツ

シーツもレースカーテンの代わりに、窓辺に使用することができます。

シーツは薄い素材なので、レースカーテンに比較的近い素材ですよね。

<メリット>
・用意しやすい
<デメリット>
・部屋が暗くなる
・通気性がない
・取り付けが大変

余りものの布

余りものの布

余りものの布をレースカーテンの代替品として、窓に取り付けている人もいます。

メリットとデメリットも以下の通りです。

<メリット>
・用意しやすい
・お気に入りのデザインが使える
<デメリット>
・サイズが足りない場合が多い
・機能性も低い

窓ガラスシート

窓ガラスシート

窓ガラスシート(窓ガラスフィルム)をレースカーテンの代わりに使うこともできます。

シートには、遮光機能や断熱機能などが備わっている製品があり、手軽に窓に機能をプラスできる点が特徴です。
一方でデザイン性には欠けています。

<メリット>
・機能性抜群(多彩な機能を備えた製品がある)
<デメリット>
・布じゃないのでデザイン性皆無

窓ガラスシート(窓ガラスフィルム)の商品一覧は下記よりご覧ください。

窓ガラスフィルム一覧へのバナー
窓ガラスフィルム一覧へのバナー

まとめ:やっぱりレースカーテンにしたいと思ったら

ここまでの解説を見たうえで、やっぱりレースカーテンがいいかもと思った方も多いのではないでしょうか。

専門店目線で見てもレースカーテンは以下のようにメリットが多く非常におすすめです。

・機能性が抜群
・程よい透け感
・光を取り入れながら換気や景色を楽しむことができる
・開閉しやすい
・取り付けやすい
・お手入れしやすい など

この記事を見て、レースカーテンにしたい!と思った方はぜひ以下より当店の取り扱い商品一覧をご覧くださいね。
カーテン専門店として多彩な製品を取り揃えておりますので、希望に合った製品がきっと見つかりますよ。

レースカーテン一覧へのバナー
機能性抜群なのにデザインも豊富!一覧ページはこちら

この記事を読んで他にも疑問がある場合は、こちらから無料で窓周りのプロにご相談頂けます↓

問い合わせ窓口へのバナーリンク
カーテンの事なら何でもお問い合わせください

・窓装飾プランナー
・インテリアコーディネーター
・リビングスタイリスト
・ライフスタイルプランナー

などの資格を持った経験豊富なプロが、商品の機能性から購入・採寸・取り付け、更にはコーディネートなど何でも親切にお答えいたします!

是非お気軽にご相談ください。

トップページへのバナー
品揃え5000種類以上!日本唯一のテイスト別カーテンショップで期待以上の素敵なお部屋が実現!
この記事をSNSでシェア!
関連記事