DENIM好きにはたまらない。
当店オリジナルDENIMのカーテンを最大に楽しむ方法!

2017/10/20

バイヤー ひるかわ

バイヤー ひるかわ

ひるかわ

撮影:パーフェクトスペースカーテン館

皆様、はじめまして。
バイヤーのひるかわです。
僕の仕事はといいますと…

世の中にある、沢山の生地や、今が旬のアイテムをお客様に届けるお仕事です。
トレンド感のある商品やお客様のニーズにあったモノを今後も沢山ご紹介できるように
様々な情報をキャッチし形にしていくことが使命だと感じております!

********************

ところで、今
「インテリア界でもっともアツいものは??」
と聞かれれば、真っ先に僕が答えるキーワードは
「DENIM」ですね。

有名どころのアパレルショップから次々と展開していくDENIM雑貨やDENIMインテリア。
アパレルからインテリアに逆輸入といった現象が起きているんです。
もちろん当店でもすでに人気の高い「DENIM」を使用したカーテンは数多く販売しています!

そんな当店でも人気のあるDENIMカーテンを、思い切ってかっこよく加工してみたいと思います♪

ちなみに、
僕の趣味は、DIYや何かをリメイクするのが大好きなんです。
詳しくはこちらをご覧ください!

 
 


用意するもの


今回、自分の家の間仕切り用として、予めデニム生地にハトメ加工を施したカーテンを
工場へお願いし作ってもらいました!
ハトメ加工とは??

ハトメ加工だけでもカッコイイ仕上がりですが、
思い切って仕立てたばっかりのカーテンに
ウォッシュ加工を施したいと思います!

ちなみに依頼したハトメカーテンはこちらです。
ノンウォッシュの色の濃いデニムです♪

お客様から「天然素材の商品は洗ったりするとどのくらい縮みますか」という
お問い合わせををいただくこともしばしば…
生地の性質や環境にもよりますが、今回参考程度に洗う前のサイズを計ってみました。
床下からマイナス5.5cm程です。

 
 


さぁ、作業開始です!


それではいよいよ!
思い切ってノンウォッシュデニムを洗ってみたいと思います。
洋服が汚れない為にエプロンもしっかりして準備OKです!

まずは水洗いのみで生地を洗っていきます。
3回程水を変え、手で生地と生地をこするようにし、全体の色味を抜いていきます。

さらに色を抜きたい箇所をやすりと石鹸を使ってブラッシング!
ヤスリは、100番手のやや粗めのサンドペーパーとスポンジヤスリを交互に使用していきます。
面積が大きいのでこれがまた一苦労です…

ゴシゴシ!

途中すすぎをかけて

更に石鹸でゴシゴシ!

自分好みのダメージ感と色合いに仕上がるまで一時間くらい…
手のひらを見てみると
真っ青に!!
デニムの色味が落ちている証拠ですね。

しっかり色を落とし、水洗いを終えたら次は自然乾燥をします。
生地が日焼けしないように裏返しにし影干ししていきます。

しっかり生地を乾かし色味のCHECK!
なかなかいい色合いとダメージ加工です!

ハトメ部分のアタリや、縫い合わせ部分のアタリ具合もバッチシです‼

とってもカッコよく仕上がり、満足いくDIYができました♪
お部屋にもしっかりマッチしています。

最後に気なる丈のサイズは…!

ウォッシュ前に対して、約2.5%縮んでいました!
洗う事を考慮した場合少し長めにご購入頂くことが良いですね!

天然素材を含む製品は、素材の特性により伸縮率が変わってきます。
また、使用環境や取り扱い方法によっても変わってきますのでご注意を!

今回使用したDENIMはこちらです

ノンウォッシュデニムですので経年変化により自然と色味が変わっていくのを楽しめる
当店オススメのカーテンです。
※ポリエステル100%の商品は洗いにかけても色落ちはしません。

是非お試しください♪

バイヤーひるかわでした!

815_btm

sns

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です