プロの撮影現場を公開!当店メンズカーテンの撮影風景をご紹介!

2016/4/18

20160422_awa1
撮影:パーフェクトスペースカーテン館

こんにちは。
WEBデザイナーのあわじです。

当店では今週の金曜日、4/22(金)に
「メンズカーテン」シリーズを
発売いたします!

今回はその「メンズカーテン」の撮影時の様子を
商品の紹介を交えてレポートしたいと思います。

当店で販売しているカーテンの写真は
ほぼすべて自社のカメラマンが担当しています。

プロのカメラマンでも撮影するのが難しい
と言われているカーテンの撮影。

どのように撮影しているのか、
当店の専属カメラマンに密着したいと思います!


「メンズカーテン」の撮影現場に密着!


20160422_awa2
 
 今回のMen’sシリーズは
■DENIM デニム
■MARIN マリン
■NATIVE ネイティブ
■AMERICAN VINTAGE アメリカン ビテージ
■BITTER ビター

とテーマが分かれています。

 

カメラマンとデザイナーの2名~3名のチームを3つ作り、
各フロアに分かれてテーマごとに撮影を行いました。

20160422_awa3

20160422_awa4

20160422_awa5
 
各チームが
【カーテンの設置】
【家具のレイアウト】
【写真の構図】

などを考えながら作業を進めていきます。

生地の魅力を伝えられる素敵なカットを
いかに撮れるかが重要です。

 


「DENIM デニム」カーテンの撮影に密着


20160422_awa6

濃紺デニムに薄くプリントされた迷彩柄が、
特徴的なこちらの商品。

Camouflage カモフラージュ

主張しすぎず、どこか大人の隠れ家を
イメージさせてくれます。

 

20160422_awa7

大人っぽくクールな印象のこちらのカーテンは
あえてカーテンの縫製を加えず、
3mほどある布をポールにくくり撮影しました。

高さを十分に出すことで、
海外のカーテンのような
お部屋を演出することができます。
 

20160422_awa8

カーテンと同じ生地で作った
クッションカバーはバイヤー手作り。
チャックもしっかりついているんですよ♪

このようにお部屋にある
ファブリックの一部を同じ柄で揃えることで
お部屋の統一感がぐっと上がります。

当店で販売しているカーテンは、
全てカット生地を購入することができます。
自分でクッションカバーを作ってみたいな、
という方はぜひ当店にお問合せくださいませ♪

 

お次はこちら。

20160422_awa9

20160422_awa10

Lloyds ロイズ

 

ラフさとレトロさが印象的な
ヒッコリー柄のデニムカーテンです。

20160422_awa11

大きい窓にももちろん合いますが
このような腰高窓に設置すると
より軽やかさと爽やかさが感じられます。

小窓にポール通しなどで設置しても素敵ですよ☆
⇒ポール通し加工

 

実はこの時に使用しているこちらの窓、
カーテンレールがついていませんでした。

そんなときの便利アイテムがこちら!

20160422_awa12

先週4/14(木)に発売したばかりの
つっぱりカーテンレール「フィットワン」!

20160422_awa13

20160422_awa14

レールがない場所でもつっぱるだけで設置できちゃうのです。
この撮影で大活躍してくれました♪

 

 

その後も配置を変えては撮影をの繰り返し…

20160422_awa15

20160422_awa16

Vanguard バンガード

20160422_awa17

デニムの雰囲気を印象付ける小物の
イメージカットも撮影しました☆
 
 


「MARIN マリン」カーテンの撮影に密着


20160422_awa18

Island beach アイランドビーチ

 

次はこれからの季節にピッタリ!
マリンがテーマのカーテンです。

20160422_awa19

Breather ブリーザー

天然素材ならではの風合いや
心地よさを感じられる
こちらのインディゴボーダーのカーテン。

 

実はこの撮影の裏側では…
20160422_awa20

スタッフがポールを支えていました!

自然な風がふくのをひたすら待ち、
腕が限界になりながらもじっと耐えました。

このように意外とアナログな手法で撮影していたのです。
これぞ裏側ですね。

 

さわやかなマリンテイストなお部屋を
イメージしやすいように、
ヨットやガラス瓶、流木など、
小物にもこだわり撮影しました。

20160422_awa21

20160422_awa22

 
モデルを担当してくれたバイヤーのスタッフも
マリンスタイルで登場してもらいました♪

20160422_awa23
 
このように、終始爽やかな空間の撮影風景でした。

 


「NATIVE ネイティブ」カーテンの撮影に密着


20160422_awa24
Recordo リコルド

古き良きアメリカの雰囲気を漂わせてくれる
ネイティブシリーズ。

 

軽やかな生地感が特徴のこちらの商品。

20160422_awa25

Mahalo native マハロネイティブ

程よい薄手の生地が、
お部屋の雰囲気を重たくしすぎず、
ポリネシアン・トライバル柄をやわらげてくれます。

 
ちょうど直射日光が差し込む時間帯での撮影…。

20160422_awa26

このように日の光が反射して
模様が写りにくい状況に。

カメラの明るさ調整を行っても、
部屋のライトの関係もあり
なかなかうまくいきません。

 

そのため、急遽裏に遮光カーテンを重ねて撮影!

20160422_awa27

きれいに模様が写ってくれました!

 
このように薄手の生地を購入する場合、
設置する場所によっては
裏地を付けることをおススメします。

特に寝室や西日の強いお部屋などは
裏地をつけるだけで遮熱効果も上がります。

もちろん生地に厚みが出る分、
冬の保温効果も見込めます。

 

当店では縫い付けるタイプの1級遮光裏地
取り外し可能な2級遮光の裏地をご用意しております。

取り外し可能なタイプの裏地は、季節によってつけたり外したりできるので
★春や秋はカーテン生地の軽やかさを楽しみ、
★夏や冬は遮熱や保温の機能重視でつけるなど、
一つのカーテンで1年中楽しむことができるので、
オススメですよ♪

 

撮影したカーテンはその場でデザイナーと確認します。

20160422_awa28

カーテンのヒダが美しく出ているか、
また角度や家具の配置など
修正する必要がないかを確認します。

20160422_awa29

真剣な眼差しです。

20160422_awa30

小物や家具のちょっとしたレイアウトで
印象が大きく異なるため、
ファインダーを覗きながら調整を指示します。

 

20160422_awa31

撮り終えた写真をPCで取り込み、
最終チェック。
思った通りの雰囲気が出せて満足です。
 
 


撮影を終えて…


今回の撮影密着レポはお楽しみいただけましたか?

このようにスタッフ一人一人が意見を出し合いながら
1商品1商品、じっくりと心を込めて撮影しています。

「メンズカーテン」シリーズは
全28柄を4/22(金)に発売します。

こちらで紹介できたのはほんの一部の商品です。

発売した際には是非当店のサイトに
お越しいただければと思います。

皆様のご来店お待ちしております♪

sns