【ハンドメイド】X’masプレゼントに!ドライフラワーでワックスサシェを作ろう
~アロマキャンドルでの作り方をご紹介~

2018/12/10

フォトグラファー ごとう

フォトグラファー ごとう

ごとう

撮影:パーフェクトスペースカーテン館

皆様、こんにちは!
フォトグラファーごとうです!

12月に入り街も気分もクリスマス一色になってきましたね。
今回はクリスマスプレゼントにもにピッタリな小物をご紹介したいと思います!

こちら!ワックスサシェです!

 

ワックスサシェとは?
ボタニカルワックスサシェやアロマワックスバーなど
様々な呼び方があります。板状の蝋燭です。
蝋燭と言っても芯はなく火を使わない蝋燭、ともいわれいて、
クローゼットに掛けたり引き出しに入れたり、お部屋に置いて
香りを楽しむことができます。
ハンドメイドでも人気のインテリア雑貨です。

 
そして今回飾りつけに使用するドライフラワーは先日、
カーテンのロケ撮影で来て下さった
「+Botanique」の渡邉麻里子さんによる
お花とグリーンのスタイリングで使用した切り花を
おすそ分けして頂いたので、それを自宅でドライフラワーにした物です!
(撮影時の様子はこちら!)

ドライフラワーの作り方も何種類かあるのですが、
今回は1番簡単なハンギング法で作成しました。
ハンギング法は直射日光と湿気を避けてただ吊るしておくだけの
お手軽で簡単な方法なので、おすすめです◎
お花の種類によっては上手くいかないこともあるそうですが今回私が使ったお花は

オータムアジサイ、エリンジューム、スプレーバラ、アストランチア

 

オータムアジサイはアンティーク感のあるカラーがとても素敵で絶対ドライフラワーにしよう!
と決めていました。
他のお花もそのままのカラーを保ちながら綺麗にドライフラワーになってくれました!
一安心です…
あとは会社にもユーカリを吊るしておいたので少々拝借しました。

 


用意するもの


・お好みのアロマキャンドル
・型(今回はシリコン型)
・耐熱容器
・飾り付けたい物(今回はドライフラワー)
・リボンや紐
・割りばし(又はストロー)
・ハサミ
・ミトン

=他にあった方が便利な物=
ピンセット
ナイフ
カッティングマット

 
今回はアロマキャンドルと型は100円ショップで手に入れました。
最近はどこの100円ショップもハンドメイドの材料や道具が豊富に揃えてあるので、
ほとんどの材料を手に入れることができます!
いきなり道具を揃えるのは大変…と思っている方も始めやすいですよね^^

通常、ワックスサシェを作る場合、蜜蝋やソイワックスをお鍋で湯煎して…
という少し手間のかかる作業があるのですが、
アロマキャンドルを電子レンジで溶かして簡単に作れるワックスサシェなので
お子様でも作れますよ!
道具は汚れても支障のない物を使用して下さい。

 


作っていきましょう!


①配置を決める
蝋は溶かすとすぐに固まり始めてしまうのでまずは飾りつけの配置を決めましょう。
ピンセットがあると便利ですよ◎

 
 
②アロマキャンドルを土台から外す
底を押すと簡単に土台から外せます。
私は均一に溶けやすくなるようにナイフで細かくカットしてから耐熱容器に入れました。芯は取り除いてください。
小さいアロマキャンドルならそのまま容器に入れてしまっても大丈夫です。
紙コップだと熱くなるのと耐熱温度が不安だったので今回は私物のカップを使っています。

 
 
③電子レンジで溶かして型に流し込む
まずは600wで2分半~3分を2回、もし溶けが悪かったらレンジから出して
容器をクルクル回して溶かしつつそれでも溶け切らない場合は少しづつ加熱時間を増やして
様子を見ながら溶かしていきましょう!
一気に温めるのではなく少しづつ溶かしていくのがポイントです。
蝋も容器も熱くなるのでミトンで取り出し、溶かしたアロマキャンドルを型に流します。
私はドライフラワーの保護のために蝋に軽く浸けてコーティングしました。
型は100円ショップで買ったお菓子などを作る時に使用するシリコン型です。

 
 
④蝋が少し固まってきたら飾りつけ
5分くらい経つと透明だった蝋の表面が少しづつ白く固まって繰ろと思うので、割りばしなどでつついて
表面に薄く膜が張っているのを確認したらドライフラワーを配置していきましょう!

 
 
⑤割りばしで穴を開け、固まるまで待つ
更に固まってきたらリボンや紐を通す穴を開けましょう。
あまり上にしてしまうとヒビが入ったり割れてしまう原因になるので
気を付けてください。
きちんと固まる前に型から出そうとすると崩れてしまう可能性があるので
ここはじっと我慢です!
20分もすれば周りが固くなって外せると思います。

 
 
⑥型から取り外しリボンを通す
割りばしで開けた穴にリボンや紐を通し結びます。
私はクリスマスを意識してベロアのリボンにしました!
リボンを付けづに置くタイプにしても可愛いと思います★

 
 
⑦完成!
ドライフラワーのアンティーク感が大人っぽい雰囲気でとても気に入りました◎
ラッピングをしてプレゼントしたり家族やお友達と作って交換しても楽しいと思います!

 
 
 
********************************************************************************************
今回は白いアロマキャンドルを使ってベーシックなデザインのワックスサシェを作りましたが、
色付きのキャンドルを使ったり、ドライフラワーだけでなくドライフルーツや毛糸やビーズなど
様々な素材を飾り付けても素敵に仕上がるかと思います!
(もう一つはデコレーションパーツを付けてみました!)

ドライフラワーから手作りしたので個人的にとても愛着が湧いています(笑)
オシャレに見えるのに意外と簡単に作れるワックスサシェ!
これを機にもう少し本格的な作り方にも挑戦してみたくなりました!
皆様もプレゼントに、ご自分用にいががですか?
平成最後のクリスマス!楽しんでお過ごしください~^^

ではまた次回!

sns