東京の街全体がミュージアムになる10日間。Emotions〜感動の入り口〜「Design & Art Festival DESIGNART TOKYO 2018」

2018/10/17

こんにちは!WEBデザイナーとまきです。

芸術の秋。
読者の皆様は、最近アートに触れていますか?

2018年10月19日(金) ~ 10月28日(日)まで、
表参道・外苑前をはじめ、原宿・明治神宮前 /
渋谷・恵比寿 / 代官山・中目黒 / 六本木・広尾などの
多数のショップやギャラリー、
オフィススペースなどがこのイベントに参加しているという
「Design & Art Festival DESIGNART TOKYO 2018」
開催されています。

撮影:パーフェクトスペースカーテン館

当店がオフィスを構える、青山・外苑前エリアも
多数のショップやオフィスがこのイベントに参加しているという
情報を聞きつけ、さっそく行ってきました!

 
 


Design & Art Festival Designart TOKYO 2018とは


東京の街全体がミュージアムになる10日間。
「Emotions〜感動の入り口〜」をコンセプトに
都内、全90会場にて開催されています。

デザイン、アートが織りなす感動の入り口

DESIGNART(デザイナート)とは、デザインとアートを横断する、感動を与えてくれるモノやコトを新たに定義した言葉で、その素晴らしさを発信、共有していくための活動そのものの名前です。“Emotions〜感動の入り口〜”をコンセプトに、世界中の感動をもたらしてくれるデザイン&アートなモノ・コトを提供していきます。

近年、デザインとアートが密接に絡み合い、横断するモノが世界的なムーブメントとなるなか、世界の良質な伝統産業やものづくりの現場が生き残っていくうえでも、それら固有のアイデンティティをデザインやアート、アイデアで明確にし、世界中の”Emotions”を求めている人へ伝える力が必要だと、私たちは考えています。デザインやアートと同じレベルで使う一般用語として「DESIGNART」という言葉を浸透させること、そして生活をより豊かに彩ることを目指し、私たちはDESIGNARTを日本、そして世界に広めるためのサステイナブルな活動を行っていきます。

出典:http://designart.jp/

開催している会場の目印はこのロゴマークと、

このトートバッグ!

各会場の店頭や入り口に掲げられており、
自由に会場に入場することができます。

それでは少しずつではありますが
青山・外苑前エリアの
会場をご紹介していきます!

 
 


ヤングスウェディッシュデザイン 2018 at ワールド北青山ビル


外苑前駅・表参道駅のちょうど真ん中あたりに
位置する青山通り沿いのワールド北青山ビル
こちらの1Fエントランスではヤングスウェディッシュデザイン 2018
が開催されています。

こちらでは「Swedish Design Moves Tokyo」という
スウェーデンデザインのサポート、普及を行う
チームの作品に触れることができます。

入り口にはDESIGNART TOKYO × VOLVOの
オフィシャルコラボカーがお出迎え。

素敵な作品を楽しめそうな予感です♪

さっそく中に入ってみると、
建築、クラフト、ファッション、アートなど、
スウェーデンの新進気鋭な若手デザイナー達の
作品がズラリと並びます。

カラフルで独特な世界観が醸し出す創造。
スウェーデンのデザインが織りなす化学反応が
ワールド北青山ビルを彩っています。

 
 


DESIGNART GALLERY at Francfranc Forest


ワールド北青山ビルを出て右に歩いたすぐの地下に
位置するFrancfranc Forest

こちらでは若手アーティストから、
世界で活躍する実力派まで、インテリア、油彩画、
メディアアート、ファッションなど
様々なジャンルの作品が展示されています。

デザインとアートの領域を超え、
ボーダレスで自由な創造をし続ける
クリエイター達の作品に
引き込まれることは間違いありません。

 
 


AKIRA FUJIMOTO / YUKO NAGAYAMA at エイベックスビル


2017年に誕生したエイベックスの新社屋も
DESIGNART TOKYO 2018に参加しています。
作品はこちら。

中央に赤い線が引いてあり、その先には
2と21の間の社内に大きな鏡面球が。

それを含めて「2021」と読んでいます。

その鏡面球は後ろに回り込むとメガホン状の
鏡面円錐になっています。

その円錐の先には六本木ヒルズがそびえたち
六本木ヒルズの頂点にはエイベックスビルと同じサイズの
「2021」が映し出されるそう。

2020年に開催される東京オリンピック後の東京、
そしてその先の日本を考える象徴として
進行中のアートプロジェクト「2021」の作品のひとつだそうです。

アーティストの発想の壮大さに衝撃を受け、
先々の未来を考えさせてくれます。

 
 


各ショップも多数協力!巡り廻る時間はまるで・・


それ以外にも青山・外苑前エリアには
多数のショップやオフィスがDESIGNART TOKYO 2018に
参加しています。
以前、当ブログで紹介したインテリアショップ。
『AREA Tokyo』


『AREA Tokyo』の記事はこちら

ヨーロッパ全土の アンティークインテリア
『ロイズ・アンティークス 青山』

『ロイズ・アンティークス 青山』の記事はこちら

世界中の美味しい食べ物をあつめた
『DEAN & DELUCA カフェ青山』

少し歩るくだけで、多数のショップやオフィスに
DESIGNARTのロゴとトートバッグを見つけるその場面は、
まるで小学校の時に参加した
スタンプラリーを思い出し、
ワクワクしてしまいます。

普段はなかなか入れないお店や、オフィスに
入ることができるのも、DESIGNART TOKYOの楽しみの
一つなのかもしれません。

*****************************************

期間限定で開催中の
「Design & Art Festival DESIGNART TOKYO 2018」
普段なかなか味わえないアート作品と気軽に触れ合える
絶好の機会です。
今週末までの開催ですので、全90会場。
是非足を運んでみてください!

「Design & Art Festival DESIGNART TOKYO 2018」
期間:2018年10月19日(金) ~ 10月28日(日)
会場:表参道・外苑前 / 原宿・明治神宮前 /
渋谷・渋谷・恵比寿 / 代官山・中目黒 / 六本木・広尾など
ショップや施設、ギャラリー、オフィススペースなど
HP:http://designart.jp/
「期間、開催時間、休館日などは会場によって異なります。」

sns