テキスタイルの祭典『布博』へ行ってきました!

2016/3/11

こんにちは
バイヤーのかわいです。

3月6日・7日に東京都調布市の
「東京オーヴァル京王閣」で開催された
色彩豊かなテキスタイルと、
それにまつわるつくり手たちの祭典
「布博」に行って参りました!

nunohaku_tokyo_TOP
出典https://www.shakaika.jp/news/info/15119/

〝美しいデザインに触れることや装うこと″
〝自らの手で暮らしを彩ること″
〝その楽しさを伝え多くの人が幸せになる″

そんなことを願い、2013年2月より
京都・東京にて開催されているイベントです。

会場には珠玉のデザイナーたちが
生み出した華やかなテキスタイル。
さらにそれらを使った洋服・バッグ、
ハンドメイドアクセサリーなどが並び、
訪れる人を魅了します。

撮影:バイヤーかわい
1

盛りだくさんの内容に、まずどれを見ようか
キョロキョロしてしまいます。

 
写真の右側にはライブステージもあり、
ゆるやかな音楽を聴きながら
平和な雰囲気が会場全体を包んでいます。

2

他人同士なのにお互いに道をあけたり
声を掛け合うこの雰囲気ってすごく独特です。
なんだか温かい気持ちになりました!

3

プリントや刺繍、ジャカードなど…
どうしようもなくワクワクする生地がいっぱい!!

4

愛らしい生地たちを見ていると、
手作りへの情熱がめらめらと
湧いてきます…(笑)

 
5

こちらは山梨県で活動してる
「TANSAN TEXTILE」
(タンサンテキスタイル)のブースです!
ポップな色づかいで最近とても人気のようです。

 

傘のブランド、「イイダ傘店」さんのブース。
年に2回(春に日傘・秋に雨傘)の展示会での
受注販売を行っています。
今回は傘用に作られた生地たちのハギレ販売や、
同じ図案で作ったハンカチなどで
たくさんの人が集まっていました!

6

三角の生地を縫い合わせたこのタペストリー。
この三角を8枚縫い合わせると傘になるそう。

一枚の布って、無限の可能性が
あるんだなあと改めて思います。
 

7

そしてこちらは陶磁器のボタン、
1点ずつ手作りなんだそうです。
優しい色づかいで、
眺めているだけで癒されます…

ボタンとして使うのはもちろんですが、
イヤリングやピアスを作っても
かわいいだろうなあと思いました。
左右違うデザインで楽しみたいですね。

 

8

アンティークのレースや色とりどりの刺繍糸…
眠れる乙女心がうずきます。

そして見どころが、様々なワークショップ!

9

10

「もこぽこモンスターをつくろう」

ネーミングがすでにほっこり。
こどもたちがわーきゃー言いながら、
思い思いの色づかいでモンスターを作っていました。

 

11

刺繍のワークショップも開催されていて、
素敵な図案がたくさん。
刺繍作家のatsumiさん、
とても素敵な刺繍をデザインしていてうっとり…

刺繍はとても手間がかかりますが、
仕上がりの高級感は何物にも
代えがたい上品さが漂います。

しっかり本も購入…

12

この本をお手本に、刺繍やってみよう!
と意気込んでいます。
買って満足にならないように、ここで宣言(笑)
 
13

染付の実演も行っていて、
皆さん食い入るように見ていました。
目の前でクジラの絵柄が姿を現す…!
時折「おお~!」という歓声もあがります。
 
 


「布博」の感想


日常ではなかなか体験できないモノやコトに触れ、
作り手の想いに出会う事。

それによって普段身につけているものを
大切に思う習慣が身に着く。

それがこういったイベントの
醍醐味なのでは、と思います。

何かを作るという事は、
慣れないと少し敷居の高い事のように
感じでしまいますが、
始めてみると以外に簡単なもの。

短い時間でも没頭して作業する事は
心の整理整頓にも一役買ってくれます♪

布博で出会った生地たちを
小物に変身させようと思ってます♪
どうぞお楽しみに!

sns