みんなどんな基準でカーテンを選んでる?なんとなく…の方へ、選び方のご提案!

2019/10/1

目次

1世間の皆さんのカーテンの選び方、気になりませんか…?

2知らないなんてもったいない!知っておくと選び方の参考になるカーテンのあれこれ!

3カーテンの選び方のポイントを踏まえて、当店おすすめの商品をご紹介!

4カーテンを知ることで、カーテンの選び方にもっとバリエーションを♪

世間の皆さんのカーテンの選び方、気になりませんか…?

みなさん自分でカーテンを選ぶとき、どんなことを考えて選びますか?

お部屋の中のカーテンの割合ってとても大きいので、
デザインや色によって印象がだいぶ変わるし、
迷ってしまいますよね。

「すでにあるインテリアと雰囲気を合わせたい」
「よくわかんないし無難に無地でいこう」

みなさん何かしらの基準はあると思いますが、
部屋の雰囲気が大きく変わらなければいいや!と言って、
「なんとなく」
で選んでる方、多いのではないでしょうか?

…もったいない!
カーテンて、意外といろんなこだわれるポイントがあったりするんです。

私もこのカーテン業界に関わる前までは、
色だけこだわりがありましたが、その他の部分は
「なんとなく」で決めていた覚えがあります。

カーテンのヒダって?
遮光のレベルって?

知っていたら選択肢がたくさんあったし、
選ぶのがもっと楽しくなったんじゃないかなと思いました。

そこで今回、
分からなくなりがちなカーテンのあれこれをみなさんに知ってもらって、
カーテンをもっとたくさんの選択肢から楽しんで選んでほしい…!
そんな思いでカーテンの基本のあれこれを紹介したいと思います!

 

アンケートをとってみました!

まず、皆さんがカーテンをどんな基準で選んでいるか、
友人にアンケートを取ってみました。

選ぶ基準について、質問したのはこちらの3点。

Q1. 今使用しているカーテンはどんな基準で選びましたか?
Q2. 1窓どれくらいの予算で選んでいますか?
Q3. 知っているカーテンの機能を教えてください。

 

果たして結果は…?

22名に回答いただきました!
まず1つめの選んだ基準ですが…

やはり皆さん1番重要視しているのは色・デザインのようですね!
とくに、
リビングは明るくしたいのでデザイン重視
寝室はぐっすり眠りたいので遮光重視
という基準の方が多かったです。

なるべく低価格で抑えたい、という方もいましたが、
そのほとんどがレースカーテンの予算についてでした。

厚地カーテンはデザインや遮光性を気にするけど、
レースはなるべく安価で済ませたい。というご意見が多かったです。

そこで、2つめの予算についての結果を見ると…

1窓の予算…と、サイズはとくに決めずに質問させてもらいましたが、
そもそも相場が分からない!というご意見もちらほら。

店頭でお探しの方も、
「安く済ませたいけど、よくわからないから何となくあるもので安い方を…」
という方、多いのではないでしょうか?

そして3つめの知っているカーテンの機能について。
みなさんがどんな機能の中から選んでいるかというと…

やはりカーテンの機能=遮光というイメージが多いようですね。
あとは透けない(部屋を見えないように)するという役割。

紫外線(UV)カットや遮熱、保温など、
その他の機能も、意外とご存知の方が多いんだなと思いました。

しかし!1つ目の回答を見ると、
機能で重視しているのは遮光性がほとんど…

「その機能、きっと付いてたら良いんだろうけど、効果もよくわからないから無くてもいいや〜」

という方がたくさんいらっしゃるのでは…?

知らないなんてもったいない!
次に、なんとなくしか知らないカーテンの基本情報をご紹介します!

 
 

知らないなんてもったいない!知っておくと選び方の参考になるカーテンのあれこれ!

 

機能について

知っている機能の結果を見たとき、
厚地カーテンの機能についての解答が多い印象でした。

みなさん、厚地カーテンの方が、機能がたくさんあると思っていませんか?
そうでは無いんです!

もちろんご存知の方もいるとは思いますが、
実はレースカーテンの方がいろんな機能の種類があるんです!

ぱっと見厚地のほうが分厚くて、いろんな機能があるように見えますし、
なかなか知らない方も多いと思います。

機能を求めるならレースカーテンにこだわりましょう。

 

レースカーテンのポテンシャル

知っている機能について、遮光の次に多かったのが
「目隠し」「透けない」という回答。

カーテンの役割として、プライバシーを守るというのはとても重要なポイントですよね。
「目隠し」や「透けない」というと
厚地カーテンを思い浮かべる方も多いと思いますが、
プライバシー対策にはレースカーテンが必須!

そこでレースカーテンの透けにくさに注目してほしいのですが、
一言に「透けない(透けにくい)」と言っても
大きく分けて2パターンあります。

1つは、昼透けにくいミラーレースカーテン。
日中、外から部屋の中を見えにくくします。

カーテンの裏側(窓側)に光沢のある糸が使用されており、
鏡のように太陽光を跳ね返す仕組みです。

外からの視線は遮りたいけど、外の景色は楽しみたい!
と言う方におすすめです。


ミラーレース ~セイラ~
抗菌、防臭、花粉キャッチ、帯電、吸水加工…機能満載レース。1年を通して活躍してくれます。

2つめは、昼も夜も透けにくい遮像(プライバシー)レースカーテン。
昼も夜も、外からお部屋の中を見えにくくします。

生地の目を細かく仕上げることで、遮像効果をUPさせています。

夜も厚地カーテンを開けているなどで、
夜でも外から見えにくくしたい、と言う方におすすめです。

遮像レース ~アムール~
業界トップクラスの遮像率!安心感のあるしっかりとした厚さがあるのに、十分に光を透過するため、お部屋が暗くなりません。さらに遮熱効果&UVカット機能も!

他にも「遮熱」「保温」「断熱」「UVカット」など、
少数ですが回答いただきましたね。

これらの機能は、知っていてもそんなに重要視されていない印象ですが、
実は使用すると、とってもお得なんです!

例えば、帝人ファイバーが開発した特殊繊維「エコリエ」を使用したレースカーテンは、
夏は外からの太陽光、紫外線をブロックしてくれ、
冬は内側から逃げる熱をブロックしてくれます。

そのため、一年を通して冷暖房の効率が高まり、
地球にもお財布にも嬉しいエコカーテンなのです!

実際どのくらい効果があるのかというと…?

「エコリエ」のレースカーテンを設置した場合と何もつけていない場合で検証した結果、
夏場を想定した部屋での試験で、
部屋の上昇温度が約10℃もおさえられるという驚きのデータが!


実験生地:エコリエ ~サザレ~

さらに保温性の試験でも、何もつけていない場合に比べ、
部屋の下降温度が約1℃〜3℃おさえられるという結果に!


実験生地:エコリエ ~サーカ~

上記の結果は何もつけていないときと比べた場合ですが、
透け感のある普通のレースカーテンと比べても、約2℃ほどの温度差があると言われています。

電気代としては、月に約ー110円のコストカットが期待できるんです。

 

予算について

アンケートの回答をいただいたときにちらほらあったのが、
「安く済ませたいけど相場がわからない」
というご意見。

既製かオーダー、商品によっても違いますし、
もちろんこだわるポイントによっても金額は様々です。

当店のオーダーカーテンの場合ですが、
ベランダなど外へ出られる窓(掃き出し窓)の一般的なサイズで、
厚地カーテンとレースカーテンのセット商品だと2万円前後でご用意しております。

ちなみに、セット商品なら別々に購入する手間もなく、
厚地カーテンとレースカーテンを別々に購入するよりも
ちょっぴりお得になります。

同時に届いてすぐに使えますし、
デザイン重視派の方は、厚地カーテンとレースカーテンで
ぴったりの組み合わせで購入できますよ♪

厚地カーテンのサイズ入力だけで程よいサイズのレースカーテンが届くのも嬉しいポイントです。

 

ヒダや丈など…仕上がりについて

他にもいただいたご意見の中で、
カーテンに関するパーツや仕様について分からなかったというご意見も。

簡単にご紹介いたします!

<ヒダ>
生地を立体的に見せるために作られた折り目(プリーツ)のことです。
カーテン上部に2つ、または3つの山を作ることで、
布に波を持たせ立体的に見せています。

倍率が大きいほど、カーテンの生地を多く使うので値段も高くなります。
ご注文いただくのが多いのは1.5倍ヒダですが、
スッキリさせたい場合や大きい柄を見せたい場合はフラット、
ボリュームを出して豪華に見せたい場合は2倍ヒダがおすすめです。
詳しくはこちら

<仕上がり丈>
こちらもお好みではありますが、
窓の形によっておすすめしている丈の長さは違います。
一般的な長さはこのくらいです。

詳しくはこちら

腰高窓の場合、窓のすぐ下に家具があるかどうかでも変わってくるので、
周りの配置にも注意して長さを決めましょう。

ちなみに、
腰高窓でわざと床まで長くして窓を大きく見せたり、
掃き出し窓も、丈をもっと長くしてエレガントにするスタイルもあるんですよ!

腰高窓に床までの丈:~アドーア~掃き出し窓で丈を長く:~サンティエ~

<フック>
Aフック、Bフックという名前を聞いたことはありますか?
レールを見せたい場合はAフック
レールを隠したい場合はBフック
を購入時に選びます。

ここで裏技(?)を1つ。

例えば、
「丈をもう少し短くすればよかった…」
と、購入後にサイズ間違いに気づく場合ありますよね?

なんとこのくらいの間違いなら、
後からでも修正できちゃうんです。

当店のフックは全てアジャスターフックとなっているのですが、
可動域が4cmあるので、その分は長さの調整が可能になります。

Aフックで購入した場合は、最大4cm丈を短くすることが可能
Bフックで購入した場合は、最大4cm丈を長くすることが可能
なのです。
※フラット縫製の場合は調整幅は3cmです。

「あれ?Aフックを最大まで調整するとBフックと同じ形になったぞ。」

そうなのです。実はAフックとBフックは同じものなのです。
フックの引っ掛ける位置が、
上に設置しているのがAフック
下に設置しているのがBフック
となっています。

フックを取り付ける位置でお仕立ての高さが変わってくるため、
分かりやすく呼び方を変えているんです。
※ご注文サイズはどちらの場合も同じです。
詳しくはこちら

カーテンの選び方のポイントを踏まえて、当店おすすめの商品をご紹介!

寝室は遮光派の方へ。真っ暗で素敵なカーテンあります。

~オデッセイ~ ブルー

カーテン業界初の新技術により、
軽量化を実現した国内初の完全遮光カーテンです!
今までの完全遮光は生地の裏に樹脂コーティングを施していたため、
とても重たかったんです…

しかしこのオデッセイに使われている新技術は、
樹脂を使用しないので軽量化を実現することができました!

表面の素材感はリネンのような風合い。
色もスモーキーカラーでおしゃれ♪
販売時から人気で注文殺到です…!

同じ新技術の完全遮光でナチュラルな雰囲気の商品はこちらから

 

明るくしたいリビングは、カーテンでおしゃれの見せ所。

~ロンプ~ ホワイト

大きなフラワーシルエットがかわいいオパールレースカーテン。

リビングは、日中レースカーテンで過ごすことも多いと思いますが、
こちらはオパールレースカーテンなので、
太陽の光が差し込むと、床にお花の影がゆらゆら映り、
とてもキレイなんです…!

また、レースカーテンを部屋の内側につける
フロントレースという方法があります。
厚地カーテンを明るい無地にすれば、
夜カーテンを閉めた状態でも、
レースカーテンに厚地カーテンの色が透けて見えて
明るく華やかな雰囲気なりますよ♪

その他のオパールレースカーテンはこちらから

 

機能がしっかりしたレースカーテンがいいけど白い無地のレースカーテンは嫌!

~パイン~ イエロー

レースカーテンには珍しい大胆なデザインとカラー。
当店でしか買えない、オリジナルのレースカーテンです。
パイナップルモチーフがトロピカルで可愛いですよね。

なんとこちら、こう見えて高機能レースカーテンなんです!
UVカット率72%、防炎、光をたくさん取り入れる採光機能で
夜も透けない遮像レースカーテン。

どうしても高機能のレースカーテンにしようとすると、
デザインの選択肢が少なくなりますよね。

当店オリジナルのレースカーテンは、
高機能ながらもデザインバリエーションがあり
まさにパーフェクト!

その他のオリジナルカーテンはこちらから

 

お得でかわいいセットカーテン

~ラ・リューヌセット~

先ほどもご紹介した、お得なセット商品の中で
おすすめしたいのがこちらのセット。

厚地カーテンもレースカーテンもお揃いの月と星の刺繍が施されています。
かわいらしいですが、子どもっぽすぎないので
「寝室は絶対コレがいい!」
という大人にもファンが多いんだとか。

その他のセット商品はこちらから

 
 

カーテンを知ることで、カーテンの選び方にもっとバリエーションを♪

いかがでしたでしょうか?
いろんな項目について、全て簡単な説明になってしまいましたが、
カーテンを選ぶ時の可能性が広がったのではないでしょうか?

「なんとなく」だった部分も、
もっと楽しんで選んでいただけたら嬉しいです。

ぜひ、次回新しくカーテンを選ぶ時は、
カーテンで遊んでみてください!

sns