【ハンドメイド】簡単おしゃれな流木タペストリー の作り方~1枚の生地を切って貼って直線縫いだけ!~

2019/4/3

フォトグラファー ごとう

フォトグラファー ごとう

ごとう

撮影:パーフェクトスペースカーテン館
 
皆様こんにちは!
フォトグラファーごとうです。
 
 
いよいよ春本番になってきましたね!
心機一転、新しい環境で4月を
迎えている方も多いのではないでしょうか?
今回ご紹介するのはお引越しした方も、そうでない方も、
簡単に作れてお部屋のアクセントになる
流木タペストリー
の作り方をご紹介したいと思います!
 
 


用意するもの


・お好きな生地(今回はお店で売っている生地d0602d0523cl_0155、cl_0156を使いました。)
・流木
・裁ちばさみ
・縫い針
・お好きな糸
・貼り付けたい物(ビーズ、リボン、ボタンなど)
・紐

==あると便利なもの==
・ミシン
・ボンド(手芸用が◎)

 
今回は小さ目なので手縫いで十分かと思います。
大き目に作りたい、時間を短縮したい、といった場合は
ミシンがあると便利ですよ^^
今回はホームセンターなどで売っている流木
の雰囲気に合うような素材をセレクトしました。
素材はお好みの物を付けたいだけご用意ください。
 
 


作っていきましょう!


①大まかなデザインを考える
いきなり生地をカットするのは少し勇気がいりますよね?
特に型紙とかもなく自由に組み合わせられるので、
まずは壁に掛けた時のイメージを膨らませて大まかなデザインや
生地の組み合わせを考えましょう!
 
 
②生地をカットする
デザインに合わせてお好きな大きさに生地をカットします。
この時、ループ用(流木に掛けるため)の生地も
忘れずにカットしておきましょう。
 
 
③カットした生地を縫う
カットした生地を縫い合わせます。
今回は上部を縫います。
生地の端は直線縫いで囲ってほつれないようにしても良いのですが、
今回は流木に掛けるのであえて端の処理をしない自然な雰囲気を
残しながら作っていきたいと思います。
厚地の生地や特殊な加工がされていなければ手芸用のボンド等で
貼り合わせるのも簡単でオススメです◎
 
 
④上部に生地を縫い付ける
先ほど別でカットしたループ用の生地を縫い合わせていきましょう。
厚地の生地や重みがある生地など特殊な生地でなければ普通に直線縫いで大丈夫です。
もし心配な方は返し縫いで往復しましょう。
 
 
⑤装飾をしていく
生地を縫い合わせたら装飾をしていきます。
お好きな位置にボタンやリボン、ビーズなどを
配置していきます。
 
 
⑥完成!
アイロンを掛けると見栄えもぐんっと良くなります◎
流木に麻紐やワイヤーなどを付けてお部屋に合った状態で
飾れば完成です!
 
 
いかがでしたか?
年度始まりを気持ち良くスタートする為に、
お部屋の雰囲気を変えることは、些細なことでも
重要だと思います!
お部屋で過ごす時間がリラックスした特別な時間になれば
学校や職場でも楽しく過ごせそうですよね^^
 
 
▼今回使用した生地はこちら▼

ルルドはヨーロッパ直輸入生地なのでデザイン性が高く1枚でも十分素敵に作れますよ!
ミニュールはデニム生地なので切りっぱなしでもオシャレです!
イピロスはリネン生地なので使い込むほど雰囲気が出てきますよ!
 
 
パーフェクトスペースカーテン館では生地売りもしております。
気になる生地がございましたらお気軽にお問い合わせください!
>>パーフェクトスペースカーテン館お問い合わせ<<
 
 
皆様もぜひ挑戦してみてください!
ではまた次回!

sns