【ハンドメイド】手軽に織物!
~段ボールと布で簡単!おしゃれ裂き織りコースターの作り方~

2019/3/12

フォトグラファー ごとう

フォトグラファー ごとう

ごとう

撮影:パーフェクトスペースカーテン館
皆様こんにちは!
フォトグラファーごとうです。
 
 
気温も暖かくなり始め、花粉がたくさん飛ぶ季節になってきました…
花粉症の私には辛い時期です…
ですが!これも春が近づいてきた証拠ですよね^^
過ごしやすい季節になってきたので花粉に負けないように
楽しいことをたくさんやりたいな~と思う今日この頃です。
ただ自他共に認めるインドア派なのでもっぱらお家の中ですが(笑)

そんなインドア派な私が今回ご紹介するのは
裂き織りを使ったコースターの作り方です!
 

裂き織りとは?
端切れや古着などの布を裂いてひも状にし、
織り機などで織る方法です。

 
 


用意するもの


・布
・裁ちばさみ
・段ボール
・カッターかハサミ
・毛糸、タコ糸、麻紐などお好きな紐

==あったら便利な物==
・くしやフォーク(目が粗い方が◎)
・マスキングテープなどのテープ
・毛糸用閉じ針
・定規など

 
今回は段ボールを使用してお手軽に作っていきたいと思います!
縦糸はお好きな糸を使用して頂いても大丈夫ですし、
もちろん布を裂いて作った紐でも作れます◎
柔らかい布の方が織りやすいです。
縦糸も工夫することでよりオリジナリティのある織物になりますよ。
横糸は1種類だけでなく何種類か織っても可愛くできます。
くしは織った糸を詰める際にあると便利かと思います。
 
 


作っていきましょう!


①段ボールに切り込みを入れる
用意した段ボールの上下に切り込みを入れていきます。
今回は10.5㎝×10.5㎝のコースター2枚を作っていきたいと思います。
25㎝×15.5㎝にカットした段ボールを用意します。
切り込みは1.5㎝感覚で8箇所入れました。
 
 
②縦糸を張る
切り込みを入れた段ボールに縦糸を張っていきます。
今回は太めの毛糸を張りましたが、タコ糸や麻紐でも大丈夫です。
ただ太い糸を使うと完成が早くなるという利点があります^^
裏側はマスキングテープで留めましょう。
 
 
③横糸を作る

横糸は布を切って作っていきます。
ジグザグとハサミを入れていきます。
このとき端まで切り込みを入れないように注意して下さい!
 
 
④横糸を入れて織っていく
いよいよ織っていきます!
横糸は通しやすいように余った段ボールに巻き付けたり、
割りばしに挟んだりして使うと便利です。
定規などで縦糸を持ち上げると横糸を通しやすいですよ!
 

==注意!==
横糸は1本飛ばしで通します
横糸を通すときは縦糸を1本飛ばしで通していきます。
戻る時も同様です。

 

==応用編==
~横糸を変える時~
織り進めていくうちに、ここは違う色にしたいな、
ボーダー柄にしたいな、と思ったら横糸を変えましょう!
やり方は簡単です。
糸を変えたいタイミングになったら次の糸を入れて
織り進めていくだけ!
最初の糸は適当な長さで切って大丈夫です。
糸を変える時に飛び出した糸の処理は最後に
閉じ糸を使用して裏側に編み込んでいきます。


 
 
④織り終わり
目標の長さまで織ったら裏側から縦糸を切ります。
切った縦糸は2本ずつで結んでフリンジを作ります。
飛び出した糸は閉じ針などで裏側に編み込みます。

 
 
⑤完成!
完成しました!
コースターは季節問わず使えるし、来客用にも使えて便利ですよね!
友人宅などお呼ばれした時にコースターなどの細かいところに気を使いながら
テーブルセッティングされているとついつい参考にしちゃいます!
また、コースターはキャンドルやディフューザーの下に敷いたり、
時計やアクセサリーを置くマットにしても良いですよ◎
 
 
いかがでしたか?
手織りって良いですよね^^
子供のころに両親に小さな織り機を買ってもらったことを思い出して
懐かしい気持ちになりました。
紐の素材やビーズを織り込んだり、大きさを変えるだけで様々な使い方が出来て
楽しいですよ!
簡単なので皆様も手作りの良さを感じながら作ってみてください^^
 
 
パーフェクトスペースカーテン館では生地売りもしております。
気になる生地がございましたらお気軽にお問い合わせください!
>>パーフェクトスペースカーテン館お問い合わせ<<
 
ではまた次回!

sns