【第30回】表参道ストリートスナップ!「トライバル柄」とはいったい?民族柄を取り入れよう!

2019/1/24

スタッフ たきしま

たきしま

こんにちは!スタッフたきしまです。

冬真っ只中!
ファッショニスタには、おしゃれを楽しめる最良の季節です。
しかし、寒さはピークの時期!
コートやマフラー、グローブといった
防寒着は、表参道でも必須アイテムです。

今日はそんな表参道エリアにいらっしゃった
オシャレな防寒着に身を包んだ
素敵なオシャレさんをご紹介します。


撮影:パーフェクトスペースカーテン館

名前 市川良枝
職業 アパレル店員、ダンサー振付師
身長 167㎝
好きなブランド 可愛いと思ったら!特にこだわりはありません。
アイテム / ブランド コート / ZARA
ストール / 海外で購入
パンツ / GU
バッグ / MICHAEL KORS
パンプス / GU
今日のテーマ トップスパンツはワントーンコーデ、バッグでカラーを取り入れました。
現在使用中のカーテン 無地 黄色

柔らかい色合いで大人の女性らしい
スタイリングを披露してくれた市川さん。

大人気ブランド“ZARA”のコートは
女性の柔らかい印象を引き出すベージュをチョイス。

襟が大判になっており、小顔効果が期待できます。

シンプルなデザインの”GU”のパンツは
履き心地が良く、ビジネスシーンでも
カジュアルでも活躍する一本。

ヒールの高すぎないパンプスは
こちらも”GU”のアイテム。

GUはシューズも人気!
トレンドのデザイン、履きやすさ、
リーズナブルなお値段が、
男女問わず人気を呼んでいます。

“MICHAEL KORS”のハンドバッグは
手頃なサイズ感で、年間通して使用できるデザイン。

ロゴのエンブレムが高級感を演出しています。

そして何より、目を引くのが
海外で購入したというストール。

シンプルなスタイリングに
トライバル柄のストールが
オシャレ度をアップする
アクセントになっています。

トライバル柄は、ファッションでもインテリアでも大活躍!
生活にもアクセントを与えてくれます。

そもそも「トライバル柄」ってどういう意味?

ということで今回は
徹底解明!「トライバル柄」とは?をご紹介します。


「トライバル柄」とは?


“Tribal(トライバル)=民族的な”という意味。
つまり民族柄のこと!
部族や種族ごとに独自のデザインを持つ
南太平洋の民族的文様のことを言います。

ファッションで頻繁に用いられる
「トライバル柄」。

トップス、ボトムス、スカートや、
出典:https://wear.jp/

アウターや、サロペット、もちろんメンズにも
取り入れられています。
出典:https://wear.jp/

アジアやアフリカの民族衣装の模様的な
「エスニック柄」と呼ばれており、
「トライバル柄」は色遣いはシンプル、
白黒のボーダー系(=ゼブラ柄)の
テイストのものが多い傾向にあります。

 
 


インテリアでも「民族柄」は人気アイテム!


トライバル柄、エスニック柄、
オルテガ柄、ネイティブ柄・・。
民族柄にもたくさんの種類があります。

インテリアでも民族柄は人気アイテムのひとつ!
カーテン、レース、のれんやクッションカバーでも
民族柄が用いられています。

インテリアに「柄」を取り入れると、
シンプルなお部屋も、グッとオシャレ度がアップします!
また鮮やかな民族柄は、
生活にパワーを与えてくれますよ♪

ファッションも、インテリアも民族柄を取り入れて
寒い冬を乗り切りましょう!

市川さん。ご協力ありがとうございました!

sns