ロールスクリーン採寸方法

ロールスクリーンの測り方

ロールスクリーンの採寸はたった3ステップで簡単にできます!
お部屋の窓にピッタリロールスクリーンのサイズを測りましょう♪

用意するもの

STEP.1 選ぶ ~取り付け位置~

取り付け方法は3種類!取り付け方法によって、測り方、サイズが異なります。

  • 穴あけ不要!
    賃貸にもおすすめ

  • ダイナミックな印象
    光が漏れにくい

  • すっきりとした
    印象に

STEP.2 測る ~レール取付~

カーテンレールに付属の部品を使用してロールスクリーンを取り付けることができます。

《横幅を測る》

ロールスクリーンを設置するカーテンレールの、左右の一番端にある、
固定されたフックの穴(固定ランナー)の距離を測ります。

測った横幅そのまま=注文サイズ

《高さを測る》

フックの穴(ランナー)の穴の下から測ります。

  • 腰窓の場合

    ランナーの下から窓枠下までの長さを測ります。腰高窓の場合光漏れを防ぐため、+10cmします。

    測った高さ+10cm=注文サイズ

  • 掃き出し窓の場合

    ランナーの下から床までの長さを測ります。裾を引きずらないよう-1cmします。

    測った高さ-1cm=注文サイズ

Attention!

・取付可能なカーテンレールは、C型もしくは角形の金属レールです。

・取り付け部品は、カーテンレールのランナーを抜いてレールに設置します。そのため、事前にカーテンレールのキャップが取り外せる状態にあるか確認してください。

レールへの取り付け方法は動画をチェック!

STEP.2 測る ~正面付け~

窓枠の外側に取り付けるタイプ

  • 腰窓の場合

    横幅:窓枠の外側の長さを測ります。高さ:ロールスクリーン取付位置上部から窓枠の下部外側の長さを測ります。

    測った横幅+5~10cm=ご注文サイズ
    測った高さ+10cm=ご注文サイズ

    窓枠よりゆとりを持たせたサイズでお仕立てすることで、光漏れを防ぐことができます。窓枠の下に棚などを置いている場合はロールスクリーンが引っかからないように注意しましょう。

  • 掃き出し窓の場合

    横幅:窓枠の外側の長さを測ります。高さ:ロールスクリーン取付位置上部から床までの長さを測ります。

    測った横幅+5~10cm=ご注文サイズ
    測った高さ-1cm=ご注文サイズ

    窓枠よりゆとりを持たせた幅でお仕立てすることで、光漏れを防ぐことができます。窓枠より少し短いサイズでお仕立てすることで、ロールスクリーンを床に引きずらないようにします。

  • 出窓の場合

    横幅:窓枠の外側の長さを測ります。高さ:ロールスクリーン取付位置上部から窓枠の下部外側の長さを測ります。

    測った横幅+5~10cm=ご注文サイズ
    測った高さ+10cm=ご注文サイズ

    窓枠よりゆとりを持たせたサイズでお仕立てすることで、光漏れを防ぐことができます。窓枠の下に棚などを置いている場合はロールスクリーンが引っかからないように注意しましょう。

ここも重要!
《取付高を測る》
  • ●取付高とは

    ロールスクリーンを取り付ける位置から床までの高さのことを指します。取付高によって、操作チェーン(コード)の長さが決まるので正確に採寸してください。

    ●測る位置

    ロールスクリーン取付位置上部から床までの長さを測ります。測ったそのままのサイズが入力サイズとなります。

Attention!

・取り付ける位置に下地(ロールスクリーンを固定するための固い木)があるか ご確認ください。

・ねじを木に止めるため木の厚さ、奥行き共に2.5cm以上必要です。

・石膏ボードやコンクリートには取り付けができません。

STEP.2 測る ~天井付け~

窓枠の内側に取り付けるタイプ

  • 腰窓の場合

    横幅:窓枠の内側の長さを測ります。高さ:窓枠の内側の長さを測ります。

    測った横幅-1cm=ご注文サイズ
    測った高さ-1cm=ご注文サイズ

    窓枠より少し短い横幅・高さでお仕立てすることで、ロールスクリーンを綺麗に窓枠内に収めることができます。また、窓枠ぎりぎりのサイズだとコード操作がしにくくなるため、内側に余裕を持たせます。

  • 掃き出し窓の場合

    横幅:窓枠の内側の長さを測ります。高さ:窓枠の内側上部から床までの長さを測ります。

    測った横幅-1cm=ご注文サイズ
    測った高さ-1cm=ご注文サイズ

    窓枠より少し短い横幅・高さでお仕立てすることで、ロールスクリーンを綺麗に窓枠内に収めることができます。また、窓枠ぎりぎりのサイズだとコード操作がしにくくなるため、内側に余裕を持たせます。

  • 出窓の場合

    横幅:窓枠の内側の長さを測ります。高さ:窓枠の内側上部から窓台までの長さを測ります。

    測った横幅-1cm=ご注文サイズ
    測った高さそのまま=ご注文サイズ

    窓枠より少し短い横幅でお仕立てすることで、ロールスクリーンを綺麗に窓枠内に収めることができます。また、窓枠ぎりぎりのサイズだとコード操作がしにくくなるため、内側に余裕を持たせます。※結露・擦れにより汚れが気になる場合は高さを-1cmして下さい。

  • カーテンボックスの場合

    横幅:ボックスの内側の長さを測ります。高さ:ボックスの内側上部から床までの長さを測ります。

    測った横幅-1cm=ご注文サイズ
    測った高さ-1cm=ご注文サイズ

    ボックスより少し短い横幅・高さでお仕立てすることで、ロールスクリーンを綺麗にボックス内に収めることができます。また、ボックスぎりぎりのサイズだとコード操作がしにくくなるため、内側に余裕を持たせます。※ボックスの奥行きが10cm以上必要です。
    ※腰高窓の場合、高さは窓枠の下部外側まで測ります。

ここも重要!
《取付高を測る》
  • ●取付高とは

    ロールスクリーンを取り付ける位置から床までの高さのことを指します。取付高によって、操作チェーン(コード)の長さが決まるので正確に採寸してください。

    ●測る位置

    窓枠の内側上部から床までの長さ(カーテンボックスの場合はボックスの内側上部から床までの長さ)を測ります。測ったそのままのサイズが入力サイズとなります。

Attention!

・取り付ける位置に下地(ロールスクリーンを固定するための固い木)があるか ご確認ください。

・ねじを木に止めるため木の厚さ、奥行き共に2.5cm以上必要です。

・石膏ボードやコンクリートには取り付けができません。

STEP.3 値を入力します

STEP2で計算後の数値を横幅と高さを商品ページ下部にあるカゴに入力します。

操作方法の選び方

ロールスクリーンには生地を巻き上げる機械(メカ)が付いています。「チェーン式」「プルコード式」の2種類あり、商品の仕様により、チェーン式・コード式が選べる商品、チェーン式のみ、コード式のみとなる商品もございます。商品ページのコードの選択に従いお選びください。

  • チェーン式

    チェーンを引っ張ることでスクリーンを昇降させます。本体に組み込まれたスプリングの力でスクリーンを巻き取っているため、操作に力がいらず簡単です。プルコード式に比べ、スクリーンの位置を調節しやすく。床まで下す際にもかがむ必要がないため年齢・体格問わずに人気のタイプです。

    「左操作」「右操作」をお選びいただけます。コード(チェーン)の操作側を窓に向かって右、左をご指定いただけます。通常は利き手側を、家具や壁が迫っている場合はその反対側がオススメです。

  • プルコード式

    プルコード式は、降ろす時にはコードを引っ張りながら引き下げ、巻き上げる時にはコードを1度軽く引き下げると自動的に巻き上がるタイプです。チェーン式に比べ、コードがコンパクトなため、お部屋をスッキリと見せることができます。

    ※プルコード式はサイズに制限がございます。ご希望のお客様はお気軽にお問合せください。
現在登録されている商品はありません。